AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2017 10月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

最新エントリー

タンザニア人男性41歳、3週間ほど前にやってきて体調不良を訴えて、HIV、クラミジア、寄生虫検査など行ったのに・・・3週間も来なかった。結果を聞きにやってきた。体調もよくなったそうで、それでやってくるのが遅れたらしい。というか、「そうだ、検査したっけ」という感覚なのだと思う。それで思い出したが、同じころに体調不良を訴えるガーナ人男性の血液検査を行って、HBs抗原は陰性だったが、HA抗体は強陽性だったのに・・・彼のほうはやってこない。体調がよくなったからだろうと考えておこう。ベトナム人男性28歳、インドシナ難民としてやってきたベトナム人の子孫ではなく、研修ビザでやってきているとのこと。HIV検査を希望、結果は陰性だった。笑顔で帰って行った。ペルー人女性69歳、大和市胃がん検診で内視鏡検査、心臓疾患もあり、できればサイレースで寝ておこなうようなことはしたくないと思って話したのだが・・・「注射の麻酔がなければ絶対にできない」と言い張るので施行。無事に終了、とくに異常はなかった。その御嬢さん47歳、母親の付き添いでやってきたのだが、「これはきょうできますか?」と取り出したのが特定健診の受診券、食事もしていないと言うので、予約なしだが、受けた。もう一度ごはんを食べずにやってくるのも大変と思って。
  • 2017/7/18 9:00
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (131)
フィリピン人女性いや、日本人の父親から生まれたことが証明されて日本国籍となった81歳女性、フィリピンで生まれ、長くフィリピンで暮らしてきたので日本語は話せない。大和市から電車で1時間もかかるところから通って来てくれて、もう10年近くになるだろうか。初めにやってきたときには暗い感じがしたが、最近、とても明るくなってきて、僕が水を向けると、少しずつ笑顔で話してくれるようになってきた。アメリカ人男性69歳、高血圧で通院中、彼がやってきたときにはあまり患者がいなかったので、いろいろと質問されたり、話したりしてくれた。皮膚疾患の話をしていて「ベトナム」という単語が出てきたので、質問してもいいかどうかを確認してから、ベトナム戦争に行ったのか?と尋ねた。やはり行ったそうだ。年齢が僕の一つ上だから、ともに同じ時代を過ごしたわけだ。帰国したあと、仲間の一人は自殺してしまい、一人は社会からドロップアウトしてしまったと話してくれた。ほかにもいろいろと話したが、ここには書くまい。大変な時代をすごしたわけだ。すると、彼から質問を受けた。このクリニックにベトナム人がやってくるのはなぜか?と。ああ知らないのだなあと思い、日本政府が1万人を限ってインドシナ難民を定住目的に合法的に受け入れたこと、政府が3つの受け入れ機関を国内につくり、そのひとつが大和市内にあったこと、僕が大和市立病院の外科に勤務しながら、ボランティァでその大和市内の機関・・・インドシナ難民大和定住促進センターの嘱託医を務めていたこと、ゆえにインドシナ難民とくにカンボジア人、ラオス人にとって日本で出会った最初の医師が僕である可能性が高かったこと、そういう流れでベトナム人、カンボジア人、ラオス人の患者が多いことを話した。しばらく彼は僕の目を見ていたが、いい仕事してるねと手を握ってくれた。
  • 2017/7/15 9:00
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (106)
ブラジル人男性31歳、昨日から吐き気に腹痛、下痢、急性感染性腸炎と診断し、処方。インド人男性30歳、県内でも1時間以上かかるところから来院。今週のはじめに外国人の健診の件で某会社から問い合わせがあったが・・・その人だった。来日して二日目というから予約の電話をかけてきたのは会社の日本人だったのだろう。わざわざこんな遠いところまで来なければならないなんて・・・申し訳ない気がした。結果はあすにでもできあがるはず。午後になってフィリピン人女性35歳、やはり入社のための健康診断で来院。採血、検尿あり。昼食後3時間半なのでコレステロール、中性脂肪、血糖などで影響が出る可能性がある。あわててすぐ上のボスに連絡すると・・メールを見せてくれたが、レントゲン写真だけでいいとのこと。会社からの健診に関する用紙には英語で胸部写真、検尿、採血とちゃんと書いてあるので、問いただすと、再度ボスに連絡、やはり検尿、採血がなければだめと言われた。ボスもけっこういい加減だなと思った。採血の項目が指定されてはいなかったので、聞いてもらうと「一般的な項目」と言うだけ。何を検査するかで費用も異なってくるのでこちらは知りたい。任せるということになり、一般的に入社のときに依頼される健康診断の採血の項目と同じにした。そして・・・土曜までには結果を記入した診断書が欲しいということなので、やむをえずに採血まで行った。
4時半に外国人医療に関心がある母校の3年生が来院。診察終了後にいろいろと話し合った。きっといい医師になるだろうと思い、頼もしく思った。
  • 2017/7/14 9:16
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (164)
朝一番にアメリカ人女性55歳、精神科疾患を抱えているため、特定健診などで混む朝一番はつらいななどと考えていたら・・・ちょうど一週間前に縫った傷の抜糸だった。6-0シグマ針を2本抜いて終わり。年をとると細い糸の抜糸がつらい。フィリピン人女性59歳、胃がん検診で内視鏡検査施行。喉頭の麻酔だけで行ったが、片手はフィリピン人スタッフの手を反対側の手は介助の看護師の手をしっかり握っていた。上手に呑み込めて、あっさりと終わってしまった。とくに大きな異常所見はなし。終了後、画像を診てもらって説明をした。タイ人男性51歳、前回は主訴を聞いて内服薬を処方、次はタイ人通訳が来ている火曜に来てほしい話したので、この日に約束通りにやってきた。ところが・・・通訳のほうが緊急の用事で来なかった。まずはそれを詫びて、僕がタイ語で診察した。内服後、消化管疾患の調子はよくなっている。痔のほうもよくなっているという話でほっとした。痔の薬は半量に減らして2週間のみ処方、消化管疾患の薬は1か月分処方してそのころに来院してほしいと伝えた。診察中に咳をよくしていることに気がついた。咳と喉の痛さがあるということで、こちらも処方した。夕方4時を過ぎて、近隣のA市在住のアメリカ人女性21歳、来院。たしかMが頭文字につく宗教のシスターで、どういうわけか、同じ身分でやってきている人たちを今まで何人も拝見したことがある。ここのところ、食後に腹満があり、以前からときどき、肛門から出血をしたが、今日はけっこうな量が出たと不安そうに言う。肛門鏡で観察すると内痔核はあるが、はっきりとした出血はない。年齢から潰瘍性大腸炎などの疾患も否定しておかねばならないだろうと前処置をしないまま、大腸内視鏡をさせてもらって直腸内を観察した。血液の貯留はなく、粘膜もきれいで、大腸疾患からの出血ではないだろうと判断、まずは痔に対して坐薬を処方して様子をみることにした。終わったら、午後5時の診察終了時間を大きく過ぎていた。
  • 2017/7/13 9:00
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (155)
50台の韓国人女性、先日から腹痛と下痢が止まらない。症状や発症からの経過などから急性感染性腸炎と診断して治療しているのだが、それにしても長く、診断に一抹の不安を覚えていたのだが・・・・体が疲労しているような気がして・・・と焼き肉を食べていたことがわかった。消化吸収機能が落ちているので、カロリーの低いものを食べてほしいと話していたのだが・・・それでも原因がわかったような気がして少しほっとした。奥の部屋で点滴した。カンボジア人男性50歳、仕事を抜けてきたと会社の制服のままで診察室に入ってきた。腹痛と水のような下痢、発熱はなし。同じく急性感染性腸炎だろう。ここのところ、日本人にもすごく多い。内服薬を処方、食事と水分摂取の注意点を話した。フィリピン人女性39歳、高血圧で診療を開始して2週間、内服薬で血圧はうまくコントロールできている。前回の採血の結果では太っている体からは想像ができなかったが、LDLコレステロールも中性脂肪も正常範囲内、S-GOT、S-GPTも正常範囲なのにγ-GPTだけ200ぐらいと高い。お酒ですか?と尋ねるので、飲むの?と逆に質問してみた。するとお昼はお昼で働いているが、夜はフィリピンパブで働いているとのこと。お酒はできるだけ飲まないようにと話した。こんなに働いて・・きっとフィリピンに相当な額を仕送りしているにちがいない。
  • 2017/7/11 9:00
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (146)
そしていつもの土曜日、月に一回ベトナム人のスタッフがやってくる日だ。午前9時から午後1時までの診察時間中にやってきたのはベトナム人7人、フィリピン人7人、ペルー人2人、韓国人2人、カンボジア人2人、スリランカ人2人、中国人1人で、外国人患者の総計は23人、総患者数78人。外国人患者が占める割合は29.5%だった。たぶん、土曜日はおおよそこんな数字だと思う。ベトナム人49歳、高血圧で最後にアムロジピン5ミリとビソプロロールを一か月分処方したのが3月、今は7月だから3か月は内服していなかったことになる。血圧を測定したら170/100となっていた。何度も何度も継続的に治療を受けることの必要性について話すのだが、こうなってしまう。ペルー人女性68歳、いつもの診察と飛び込みで特定健診を受けたいとのこと、忙しかったが、また食べずにやってくるのは大変と考え、受け入れた。いつもは高血圧と狭心症と心房細動があってエリキュースを使っている。いつものように処方を書こうとしたら、エリキュースはいらないとのこと。どうして?と尋ねたら、まだあるとの返事。そんなわけはないはずだ。最後に診察して一か月分の処方を書いてから一か月半が経過しているのに・・・さらに尋ねると・・・この10日ぐらいは内服していないということがわかった。エリキュースが処方の肝だということはいやというほど話してきたはずなのに。再度、話した。でもこのフィリピン人男性とペルー人女性の二人が特殊というわけではない。きっとまた同じことを繰り返すと思う。
  • 2017/7/10 9:00
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (162)
自分ではとくに何もない平凡な一日と思ったが・・・診療開始直後にカンボジア人女性78歳の特定健診、診察しながら特定健診の方を拝見し、8人目の特定健診がタイ人女性53歳、内視鏡検査2件を行う合間に診察を続け・・・・高血圧で拝見しているフィリピン人男性47歳の血圧を計測して内服薬を処方、フィリピン人女性33歳が喉が痛い、咳が止まらないと来院したので診察、日本人患者も多くて午前中の診療を12時すぎに終えて、しばらく呆然としていた。すぐに気を取り直して往診へ、帰ってきて数日前に特定健診を行った人の結果を記入、役所の人が面会に来てあっというまに午後2時、午後の診療開始となる。ベトナム人32歳、内痔核の脱肛、恥ずかしがっていたが、どうしても見なければわからないと話して診察させてもらった。血栓ができていて痛いはず。フィリピン人男性61歳、高血圧でフォロー中、今のところ、血圧は落ち着いている。ここで診察ではないけど会いたいとベトナム人男性が来ているとのこと。ベトナムからやってきた妹さんの目の診察の相談を受けたDさんだった。どうぞと言うと、Dさんと妹さんと妹さんの息子12歳が入ってきた。先日の紹介のお礼らしく、お菓子をいただいた。あす、帰国するのでとあいさつに来てくれたようだ。勤務医時代から長く、インドシナ難民として日本に受け入れられた人たちの診療をしているためか、カンボジア人もラオス人もベトナム人も頼りにしてくれる。僕にとっては人生の長い一期間を共有している同志のような人たちだ。頼ってくれるのは非常にうれしいが、そろそろいつごろ引退しようかと考えるような68歳となり・・・でも僕が引退したら、高齢化していく難民としてやってきた人たちは誰を頼りにしたらいいのか、困り果てるのではないかと思い、将来の幕引きの絵がうまく描けないでいる。診察終了直前の午後5時前にオーストラリア人男性45歳、来院。いつものように血圧を策定し、内服薬を処方。平凡に感じた一日を書き記したら21行になってしまった。
来週の木曜は外国人医療に関心を示している大学の後輩学生が会いにくる。こんな「平凡」なクリニックにもときどきだが、研修させてほしい、見学させてほしいという医学生・看護学生などからの申し込みがあり、我々世代の後に続く医療人としての後輩への想いから原則、すべて受け入れている。あまり学問的ではない研修・見学だが、興味のある方はいつでもクリニックの僕宛に連絡してほしい。
  • 2017/7/8 9:00
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (171)
昨日の朝のこと、近くの公立病院から電話があった。ラオス人が来ているが、こちらでは診察できない、診てもらえるか?という内容だった。電話を受けたのは僕ではないが、たぶん、先方は医師ではないと思う。外来診療が非常に混んでいたが、いいですよと返事をした。それから1時間ぐらいしてそれらしい男性がやってきたと受付から連絡があった。おなかが具合悪く、住まいの近くの総合病院で診てはもらっていたが、思ったようにはよくならず、公立病院を受診したとのメモがカルテに付いてきた。内視鏡検査もあり、落ち着かないので、内視鏡検査が終わってから拝見しようと待合室で患者を探したところ、それらしい男性がいたのでタイ語で話しかけてみた。すると自分はタイ人だと言うので、ではラオス人の患者はどこにいるのか?と尋ねると、不審そうな顔つきをする。一人か?と尋ねるとそうですと答える。自分はタイ人でタイ語とラオス語ができると教えてくれた。イサーン出身か?と聞くと、そうですとようやくうれしそうな顔つきになった。要するに患者はラオス人ではなくタイ人で、ラオ族の多い東北タイのチャイヤプーン県の出身なのでタイ語とラオス語ができるという、そういうことだったのだ。受付での問診がひどく詳しいので、不思議に思ったが、日本語もそこそこ上手だった。1年前から具合が少しずつよくなく、最近は食後2時間での腹満と下痢と便秘の繰り返し、そして数日前に便に血が付いてきたとのことだった。たぶん、それで公立病院に行って検査を受けたかったのだろう。肛門鏡と直腸診では内痔核があって、出血らしきところがあった。鮮血だったというところからも肛門に非常に近いところからの出血が疑われるので、内痔核からの出血で不思議はない。腹満は胃や小腸大腸の機能の問題と考えてもいいが、大腸がんの可能性も否定して行かねばならないと思った。採血と機能的疾患を考えての処方を行って、次回の診察日を決めた。
ここまでタイ語で行ったが、ときどき話す日本語から判断するに日本語だけでも診察ができないというわけではないと思う。公立病院の医師が彼の日本語力を確認してそれでも診察を断ったのか、事務サイドも日本語力について医師に情報提供をしたのかどうか、それとも外国人で英語が通じないということを聞いた時点で医師が診察を断ったのか・・・もし後者だとしたら悲しいものだ。先週の土曜日にやってきたベトナム人の男性の件、近くの精神科専門病院から連絡があった。患者は家族が診察を希望していた心療内科では診察を断られたのだが、この精神科専門病院はベトナム語の対応は院内でできないはずなのだが、受け入れてくれた。大変なことだと思う。感謝の念に絶えない。それゆえ今回の公立病院の対応が際立つ。
  • 2017/7/7 9:00
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (170)
6月30日に発熱、体の痛みなど訴えてやってきたガーナ人男性29歳、昨年一時帰国したときに体調不良で現地の病院を受診し、点滴を受けた、その時に医師がなにかの注射を点滴の管から入れた、それから体調が悪いと言っていたが・・・末梢血の結果は細菌感染ではなく、なにかのウィルスの感染と考えた。念のために採血したB型肝炎のS抗原は陰性だったが、A型肝炎抗体は強陽性だった。もしかしたら一時帰国した時の体調不良はA型肝炎の感染によるものだったのかもしれない。今回は吐き気も腹鳴もあったので、ウィルス性の腸炎だったのではないかと推察した。たぶんきょうかあすには結果を聞きにくるだろう。一昨日はどういうわけなのか、朝から日本人も外国人にも感染性腸炎が多かった。ブラジル人女性27歳、ペルー人女性56歳、フィリピン人女性19歳、みな同じように吐き気と腹痛と下痢。夕方になり、統合失調症の治療中のアメリカ人女性がやってきた。ごみの分別収集の準備で、プラスチックのなにかをナイフで切っていて、誤って自分の手背に突き刺してしまったと。傷は大きくないが、深く、局所麻酔下に6-0シグマ針で縫合した。包帯交換に来てくれるようにと頼んだのだが、「忙しくて来られない」と言われてしまった。やむをえず、感染予防に抗生剤を3日分だけ処方し、一週間後に抜糸のために来院してくれるよう、頼んだ。きょう、うれしいのだが、不思議な気持ち。今夜新宿で息子と嫁候補に初めて会う。結婚相手の父親に初めて会う・・きっと彼女も一抹の不安を覚えていることだろう。よくぞ、うちの息子を好きになってくれてありがとうと小さな花束を渡そうかと思う。
  • 2017/7/6 9:04
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (171)
先週、知り合いのベトナム人通訳の妹さんを診てくれた眼科医からわざわざ診察の返事が届いた。結論からいうといくつかの小さな問題はあるが、将来失明するかもしれないというような大きな問題はなく、帰国後は現在の医療機関での治療を受けてもらえればそれでいいということだった。よかった。フィリピン人男性52歳、予約なくがん検診希望、あまり混んでいなかったので、肺がん検診のレントゲン撮影をまずは行った。その直後にやってきたフィリピン人女性57歳、予約なく特定健診希望、朝から何も食べていないし、飲んでいないと言うので、同じく混んではいなかったので受けた。ふたりとも、フィリピン人スタッフから次回から予約をしてくれるようにと頼んだ。ベトナム人男性66歳、以前から消化器疾患などで診てはいたが・・・今回は奥さんに加え、日本語が達者な息子さんがついてきた。1年ぐらい前から被害妄想が出ていたが、最近になり、妄想がさらにひどくなり自傷行為や家人に刃物も出したことがあり、さすがにこれはもういけないと思ったとのこと、本人には以前から何度も近くの精神科病院の受診を勧めていたが、聞き入れず、やむをえず、眠剤や精神安定剤を処方してきたが、とうとうここまできてしまった。息子さんが市内のメンタルクリニックを受診したいというので、医師会には加入していない医療機関ではあったが、情報提供書を書いて、午後から行ってもらった。すると午後4時頃になって息子さんから電話があった。本人の日本語があやふやで、日本語堪能な息子さんが毎回同行できないということなら、診察はできないと言われたとのことだった。対応した医師からみたら、言葉があやふやな外国人の治療などできないと思ったのだろう。精神科領域はたとえ通訳が間に入ったとしても、通訳の訳し方ひとつで、訴えが変わってしまう可能性が高いし、通訳が入ったことで本人が本当のことを言わなくなる可能性もある。対応した医師の気持ちもわからないではない。息子さんにほかにベトナム語に対応できる精神科はありますか?と尋ねられたが、そんなところはない。彼らのようにベトナムが南北統一された直後に共産政権を嫌って、難民としてベトナムを出た人々はたとえ故国に帰っても戸籍を回復することもできなければ、社会保障を受けられるわけでもない。帰ってくるなということだろう。すると彼が受けるべき医療はどこにあるというのか? 悩ましい。
  • 2017/7/4 9:03
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (167)