AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2019 1月 » »
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

20190128のエントリ

HIV検査希望のイギリス人男性39歳、県のもっとも西部からやってきた。フィリピン人男性32歳、会社の健診で指摘された太りすぎと軽度の高血圧について受診、県の北西部からやってきた。ふたりとも初診。クリニックまでゆうに1時間以上かかるはず。英語での受診だが、ここまでやってこなくても英語の上手な医師は少なからずいるはず。そう話したら、外国人の診察に慣れているだろうと思い、やってきたとイギリス人の男性に言われた。やはり日本の医療機関を受診することについては、僕ら日本の医療機関側が理解できないような壁を彼らは感じているのだろう。厚労省が考えているような外国人が受診するできる拠点病院づくりや一次医療機関づくりで乗り切れるのか、それは外国人にとって便利といえるのか、まだ検証すべきと思う。とくに一次医療機関については最初の一歩は手上げ方式になるのだろう。自分で手上げをするのだから、医療通訳等、対応は自分で考えなさいという厚労省の理論なのだろうか? 僕は外国人患者は原則としてすべての医療機関で受け入れ可能にしてほしいと思う。書いていて思ったが、患者が自分で医療機関を選んでいく、これって人権などという大げさな言葉を使わなくても当たり前のことだろう。そのためにはすべての医療機関からアクセス可能な電話通訳等が必要となる。これを整備することは外国人が著増するであろう近未来の我が国にとっては国の責務であると考える。幸い、この1月から出国税を徴収し始めたのだから、その税金のぜひ財源として利用できるようにしてほしいものだ。
  • 2019/1/28 9:16
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (211)
フィリピン人女性54歳、頭が痛いと来院。高血圧で昨年7月まで受診している。その後はどこの医療機関にも受診していないとのこと。血圧を測定すると160/100、あれほど継続治療が必要と話しているのに・・・そういえば、昨日の厚労省の会議でどこかの団体だったか、省庁が発表していた内容に「慢性疾患なのに継続治療しない人が少なくないが、民間保険の加入を促進することで、解消できる」と書いてあったが、これはちがうと思う。たぶん慢性疾患で継続治療をしない理由を医療費が続かないからと考えたのだろうが、お金にそれほど困っていなくてもこのように来なくなってしまう。それは健康に対する考え方がちがうからだろうと僕は考えている。亡くなったタイの親友に尋ねたときもそう言われた。「タイでも薬を処方してよくなると来なくなってしまう」と。そのタイには健康保険があって受診時の患者の負担はなしだ。昨日、厚労省の第二回の訪日外国人の医療に係る会議に出席しておおよそ、厚労省がどういう方向に持っていきたいのかということが把握できた気がする。日医からは次の外国人医療対策委員会で提出される中間答申の案が送られてきた。中を読むと僕の提言が大幅に取り入れられていてうれしかった。とくに同じ種類の予防接種の問診票について、現在は地方自治体ごとに少しずつちがっていてそのために多言語での翻訳版が作りにくく、それを全国統一の問診票にしてほしいということが盛り込まれていたのには感動すら覚えた。全国統一版ができたらそれを多言語に翻訳するのはさほどむずかしいことではないからだ。するとこどもを持つ外国人の親にとっても安心であろうし、医師も安心して予防接種を行うことができると思う。
  • 2019/1/28 9:12
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (226)