AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2018 10月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

201810のエントリ

数日前に来院したフィリピン人男性の血液検査の結果が検査会社から送られてきた。働いている会社の健診で白血球数が高いと言われて初めてやってきた。末梢血と血液像を検査会社にお願いしたところ、白血球数は13000台であったが、好塩基球が多く、それも幼若なものが多く、骨髄像のチェックなどが必要だろうと書いてあった。これはもう開業医レベルでは手におえる範囲を超えている。血液内科専門医の診察を受ける必要があるだろうと近くの公立病院の血液内科を受診するよう、そして急を要するので、先方にこちらから予約を入れてあげようと思ったら・・・・クリニックのフィリピン人スタッフが「ほかの病院に行きたいと本人が言っている」と教えてくれた。その理由は・・・と訊ねると、以前にこの公立病院で医療費の未納を積み上げているからだとこと。絶句してしまった。彼は不法滞在ではなく、日本の公的保険にも加入している。もう少し訊ねてみたら・・・この公的保険も掛け金を支払わずにしばらく止められていたらしい。たぶんその間に病気になってこの公立病院を受診したのだろう。近くにはほかに血液内科の専門医が勤務する病院はない。もう一度、受診を勧めてみたが、今までの未納分も請求されるだろうから行きたくないらしいというフィリピン人スタッフの返事。社会のルールは守らないとその社会で暮らしていくことはむずかしい。けっきょく、返事はもらえないまま。放置するのだろうか? アメリカ人女性27歳、声がほとんど出ない状態で来院。大和市に比較的近い横浜のA区からやってきた。咳も痰もある。風邪ぐらいでこんなところまでやってくるのでは不便だろうとつくづく思ってしまった。外国人も日医のいう「かかりつけ医制度」に基づいて地域の中で診るということが今後、ますます大切になるだろう。
  • 2018/10/30 9:00
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (108)
フィリピン人男性55歳、HBs抗原陽性であることがわかり、今後の治療方針決定のために近くの公立病院の消化器内科を受診してもらった。昨日、診てくださった医師より情報提供書が届いたその直後に本人がやってきた。書類には日本語で話したが、本人があまりわかっていないようなので、僕のクリニックで再度説明してほしいと書いてあった。こういうときはやはり英語よりタガログ語のほうが理解しやすいので、僕がクリニックのフィリピン人スタッフに説明、フィリピン人スタッフがタガログ語で説明するという方法で説明した。情報提供書には「s-GPTも正常範囲であり、ほかの症状もなく、キャリアと思われる、HBsウイルスを完全に駆逐することはむずかしい、とはいっても肝臓がんの発生率は陰性の人より高いので、半年ごと程度に血液検査、エコー検査でフォローしてほしい」と書かれていた。この通りに説明して理解してもらった。フィリピン人といえば英語はわかるものと考えがちだが、僕の経験では相当数の人がタガログ語しかわからない、あるいはむずかしい英語の話は理解できない。注意を要する。インドネシア人の留学生24歳、某国立大学の健康相談室からの情報提供書を持ってきた。軽度の高血圧と高脂血症と高尿酸血症、採血しようとしたら朝食を食べてしまっており、来院の直前にもなにかを口にしたというので採血を中止、「明日の朝、食事をしないでくる」というので、そうしてもらうことにした。大学側から受診時の注意をしてもらえたら、二度手間になることはないのにと思ったが、本人が忘れてしまった可能性もあるので、結果を郵送するときにやんわりと書いておこうと思う。
  • 2018/10/29 9:00
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (90)
フランス人女性20歳、横浜市の比較的遠方から来院。フランス語はまったくわからないが英語で話してくれたので助かった。いわゆる性感染しやすい疾患の検査と血液型の検査、そして乳房のマンモグラフィー検査をしてほしいと言う。マンモグラフィーはないので触診でいいかと尋ねると、いいとのことだったので、診療を受け付けた。採血して検査したが、即日検査が可能な3つの感染症はいずれも陰性だった。乳房の触診をすると左の乳房にしこりと痛みがあると訴える。非常にわかりづらい乳腺だったが、たしかに2センチ程度の径の表面が平滑なしこりがあり、可動性がある。腺腫の疑いが強いと思ったが、やはり専門医の診察を受けておくべきと話した。どこに専門医がいるのかがわからないと彼女が言ったところで、すぐ近くに外科学教室の乳がん専門の1年先輩が勤務していることを思い出した。電話をして遠方からやってきているので申し訳ないが、今日診てほしいとお願いしたところ、いいよと返事をしてくださったので、そのまま行ってもらった。エコグラフィーで診た結果はやはり腺腫ではないかとのことだった。本人も安心して帰って行った。
  • 2018/10/26 9:00
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (103)
ガーナ人男性30歳、体がだるい、重いとの訴えで、はじめは肝機能障害も考えなければいけないかと思ったが、診察室の問診ではのどが痛くて、痰も出るとのことでどうやら「風邪」のようだとわかった。ベル―人男性65歳、ベル―人の奥様が薬を取りに来た。いつもは降圧剤、コレステロールを下げる薬、中性脂肪を下げる薬を処方しているのだが、ときどき「あれは残っているが、これはない」と薬に関しては僕の指示通り、内服してくれていないことが明らか。それでも降圧剤はきちんと内服してくれている。日本人の患者も例外ではないが、コレステロールを下げるとか中性脂肪を下げるとか、本人の自覚症状にはあまりあらわれない薬に関しては内服の仕方がいい加減になる。数日前に奥様が高血圧で受診、そのときにご主人の薬も処方してと頼まれたのだが・・この半年ぐらい降圧剤しかいらないというので、今回も降圧剤のみ処方したら・・・ご主人が「コレステロールの薬もほしかった」と言ったとのこと、薬屋さんじゃないのよと言いたくなる。診察を受けてほしいと。診察を受けてくれていたら、こういう「行き違い」もないはず。おまけに「コレステロールの薬」というのが本当にコレステロールを下げる薬だけのことなのか、中性脂肪を下げる薬も含めて「コレステロールの薬」と言っているのかがわからない。奥様がまた戻ってきて、「中性脂肪の薬もほしかった」と言わないことを祈りたい。
  • 2018/10/25 9:15
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (99)
ブラジル人の女性が生後5か月のお嬢さんを連れてやってきた。横浜市の神奈川区から日本人のご主人に運転してもらってきたらしい。この女性、ブラジルの日系人とのことだが、言葉も容姿も全くの日本人、しかし生活習慣には色濃くブラジルのものが残っているようだ。というのも生後5カ月のお嬢さんにピアスをあけたくて、いくつかの医療機関に連絡するもすべて断られ、当クリニックに数日前に電話で問い合わせが来たからだ。ピアスをあける技術はごく簡単なのだが、あかちゃんは暴れようとするし、外で泣き声を聞いてしまった母親が涙を漏らす場面にも何度も遭遇しているのであまり「やりたい」とは積極的に思わないのだが・・・・このケース、日本人のご主人はピアスをあけることに反対らしいとスタッフに聞いた。その直後に診察室に入ってきたご主人とお子さんとあかちゃん、ご主人は一番後ろに立っていて、僕と目が合うのだが、一言も発せず、顔が笑っていない。別に僕がピアスをあけると決めたわけではないのに・・・欧米人のように明らかに日本人と外見も言葉もちがえば、「いろいろ」がちがうとすぐに理解できるだろうが、外見も日本人、日本語も全く我々の日本語と同じという場合、生活習慣のちがいがあるとははじめはなかなか気がつかないのだろう。国際結婚はかのごとくむずかしいのだろうと思った。フィリピン人男性61歳、会社でけんかの末に突き飛ばされて臀部を打撲したと県内西部からやってきた。たしかに臀部が青紫になっており、受傷後3日とのことだった。けんかの原因は知る由もないが、おとなが酒も入らずにこういう怪我をするようなケンカを職場でするなんて・・・もし外国人技能実習生がもっと増えていくと・・いや外国人技能実習生に限らないが・・・こういうトラブルも増えるのだろうか? 警察への診断書を書いた。昼休みに医療通訳を研究テーマにしている国立大学の学生がインタビューに来院。実践の舞台にいるわけではないので、机上の空論的部分があるのはいたしかたないとして、質問の内容など聞いているとよく考えていると思った。
  • 2018/10/23 9:00
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (106)
20日分のブログにフィリピン人女性がフィリピンに残したこどもを日本に引き取った場合の問題の多さを書いたばかりなのに・・・フィリピン人男性18歳、隣のZ市から初めて来院。付いてきた母親40歳は診たことがある。この男性、3月に日本に来たばかりだそうで、もちろん日本語は理解できない。めまい、耳鳴り、頭痛、食欲不振など体調の悪さを訴えていてメニエール等、考えるのだが、どうも話していて気になるのは彼が積極的に話をしないことだ。今、何をしているの?と尋ねると、工場で働いていると母親が答えた。日本語をちゃんと勉強したほうがいい、ボランティアの日本語教室も地域にあるからと話したのだが、「通っていたけど、やめてしまった」そうだ。二つ年下の妹もいっしょに日本にやってきたそうで、これはもう移民と呼ぶべきだろう。フィリピン人女性が日本人と結婚して来日、少なくないのは永住許可をもらったころに離婚、もしかしたら永住許可をもらうまで離婚せずにがまんしていたのかもしれないが・・・そのがまんにもご主人の暴力などに耐えている場合と、はじめから永住許可がもらえるまでの「結婚」とわりきっている「なんちゃって結婚」とがあるようだ。いずれにしても日本語もわからず、学校にも行かず、底辺をさまよう生活が待っているのではないかと心配になる。彼の病もどうやらそういう背景があってのことではないかと思った。
  • 2018/10/22 9:00
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (106)
フィリピン人女性18歳、頻尿で来院、尿検査では白血球もあまり出ていなかったが・・・とりあえず抗生物質を5日間処方した。半年前に右の下腹部痛で来院したのだが、そんなに痛くはないが、ずっと痛みが続いていると言うので、場合によっては婦人科を受診してもらうか、CT等で腹腔内の精査をしてもらったほうがいいかもと話した。彼女の場合は両親がフィリピン人、どういう具体的な理由かは知らないが、母親が日本にやってきて日本人と結婚、フィリピンの祖父母が育てていた彼女を日本に引き取ったそうだ。こういうケースは珍しくはない。ただし、いくつかの問題はある。まず、母親が日本人と結婚するに際してフィリピンでの結婚はどうなっているのかだ。結婚相手が亡くなっている場合は全く問題がないが、フィリピンでありがちな「姿をくらませて連絡が取れない」場合などはフィリピンに結婚相手がいて、日本にも結婚相手がいる、すなわち国際的重婚となってしまうからだ。またカソリック教徒が圧倒的に多いフィリピンでは離婚が法的に認められておらず、少なくとも、「こどもがいる」ということは過去にフィリピン人のパートナーがいるということになる。というかなるはずというべきか、事実婚の「夫婦」も多いからだ。いずれにしても事情は複雑だ。つぎの問題はこどもたちが日本にいる母親に呼ばれて来日してからのことだ。高校生ぐらいでやってくると日本語がなかなか上手にならない。また進学に際しては落ちこぼれてしまうことが圧倒的に多い。小学生のうちに来ないとうまく日本社会の中で暮らしていけない気がしてならない。このお嬢さんは本人の努力もあったのだろう、中学になってから来日、日本語の発音にはまだフィリピン訛りがあるが、昨日は大学のAO入試の発表で「合格してた」と嬉しそうに話してくれた。こうして4年生の大学まで親に行かせてもらえる子はとても少ない。本人の努力だけでなく、親がしっかりしてるのだろう。
  • 2018/10/20 9:00
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (100)
ベルー人男性52歳、日系人なので顔も日本人と「同じ」、国籍も日本に変更したそうだ。日本語にもあまり訛りがなく、ついベル―出身ということを忘れそうになる。特定健診の結果を日本語で話していたら、彼の理解が乏しいことに途中で気がついた。仕事関係や日常の日本語は理解できても、医療関係の日本語は日本人以上に理解できていない。こういう、ケース、ほかの国からの人でもよくある。あまりにも日本語が上手なので、つい日本語だけで説明していくと・・肝心のところがわかっていなかったなどということだ。やはり理解できているか、いないのか、相手に確認してから次に進まないと、「落とし穴」に落ちてしまいかねない。タイ人男性59歳、高血圧の治療。前回やってきたときにタイに一時帰国すると話していたが、「せんせい、ラオス行ってきた」と教えてくれた。彼の出身地ウドンタニ県はタイでも最も大きい面積を誇り、イサーンと呼ばれる東北タイにあり、ラオス国境のノンカーイまで車で1時間、そこからメコン河を車や鉄道で渡ると、そこはもうラオスの首都ビエンチャンである。もともとイサーンはラオス領であったが、タイとラオスが戦争をしたときにラオスが負けて、領土としてタイに組み込まれたものと聞いたことがある。人々は今でもイサーン語と呼ばれるラオス語そっくりの言葉を話し、風俗や習慣もラオ族のものが色濃く残っている。彼にとっては「外国」という感じではないのだろう。フィリピン人女性47歳、疲れてめまいがして・・・ととらえどころのない症状、いつもと同じだ。夜、働いてお酒も飲んでいることが影響しているということは本人も自覚はしているのだが、それで生活費を稼いでいるので、こちらもやめろとは言えない。肝機能は念のために調べておいた。
  • 2018/10/19 9:00
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (109)
ペルー人女性49歳、受診した「ついでに」ドクトール、ちょっと聞いてもいいですか?と。いいよというと父親のことで・・と話し出した。市内の医療機関で大腸内視鏡検査を受けたところ、ポリープが二つあって、一つはがんだと言われたと。紙をとりだして見せてくれたが、それは病理の検査結果で、一個はすでにがんであると書かれていた。それなのに、怖いのと、仕事が忙しいからと放置していたらしい。病院から電話があり、まだ行く決心がつかないと話すと「叱られた」とのこと。叱られたというより、そのままではいけないときつく言われたのだろう。不審に思って電話してくれた医師に二重丸だ。そう、話したら、納得したようで、父親にきちんと話して病院に行ってもらうと言ってくれた。フィリピン人男性55歳、仲間にB型肝炎の人がいたそうで、心配だから調べてほしいと来院したのが先週、結果はHBs抗原が強陽性だった。根治療法希望のため、近くの公立病院の消化器科を紹介した。中国人女性44歳、特定健診の結果を聞きにやってきた。大きな問題はないのだが、HDLコレステロールだけが31と極めて低い。両親、祖父も祖母もみな心筋梗塞でなくなっているそうで・・運動療法を勧めた。きのうは第一回の日本医師会外国人医療対策会議。全国からやってきた委員は僕を入れて17人、活発な話し合いが行われた。すでに二回目、三回目の会議日程が決まっていて、残念なことに木曜日の午後2時からで僕の診察日にあたっているが、これは欠席できないだろう。
昨日は北海道の田舎で幼少期からいっしょにすごした弟のような存在が大病を乗り越えて、奥様といっしょにやってきたので朝、ホテルまで迎えに行った。この日は彼のためにずっと何も用事を入れてなったのだが、上記の日本医師会の会議が3週間前に入ってしまったので、途中中座させてもらって、夕方からまた会って夕食を共にし、音楽を聞きに久しぶりに六本木に行った。昔とまったく変わらない彼を見つけてうれしかった。
  • 2018/10/18 9:00
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (115)
昨日、早朝にフィリピン人から受付に電話があったらしい。話の内容は友達のフィリピン人女性がご主人に殴られて家を出てきて行き場がないとのことだった。たまたま午前中、フィリピン人のスタッフが休みで、それを伝えると「午後から連れていく」と言って電話は切れたということだった。午後になり、内視鏡を行ったり、臀部の膿瘍を切開したり、外傷を診ていてすっかりこの件は忘れていたが、4時をすぎるころ、それらしき二人連れが現れたと受付から連絡があった。診察室に入ってきたのは見たことがあるフィリピン人女性ともうひとり、初めて見るフィリピン人女性49歳だった。カルテを見ると、初めてやってきた彼女は住所が都内になっていた。夜中に日本人のご主人にあごのあたりを殴られて、明るくなるのを待って飛び出してきたので、お金も持ってきていない、いわば着の身着のままに近い状態だった。あごのあたりに熱感があるというのだが、触ってもよくわからない。とりあえず、診断書を書いたが、外観からは殴られたということはよくわからず、彼女の申告ではと断り書きを入れて注意深くしたためた。シェルターに入るための手続きは役所を通さなければならない。役所の当該課に連絡すると、すでにクリニックに来る前に一度訪ねたらしく、「そのときに応対に出た人がすでに帰ってしまい、わからない」と言う。なんで4時50分でもう帰ってしまったのか、気にはなったが、いろいろあるのだろう、文句は言うまいと心に決めた。いずれにしても今晩から行くところがないのでなんとかしてほしいと頼んだところ、すぐに来てほしいということだったのでまかせた。診断書を書くのは僕の仕事だが、その後のシェルター等の手配はもちろん僕の仕事ではない。ところが、この手の類の相談、ごくまれだが、クリニックに持ち込まれる。
  • 2018/10/16 9:05
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (112)