AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2018 7月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

20180703のエントリ

午後になり、熱が続いているという男性がやってきた。流ちょうな英語を話す。カルテは自由診療すなわち保険外診療となっている。熱は36.5度から36.8度程度、ほかに症状はない。いろいろと話しているうちに怪しげな背景があるような人ではないとわかったので、日本にいるスティタスなど尋ねてみたら・・近くの国立大学で勉強している中国人で、国民健康保険には加入しているが、今日は持ってくるのを忘れたと教えてくれた。診療費については次回、保険証を提示してくれたら自費分は返金すると話した。まずは白血球数、CRP、肝機能などをチェックした。帰り際にいつ日本に来たのかを尋ねたら、2年前とのことだった。それでは日本語もそれなりにできるでしょう?と投げかけてみたら、大学の英語で学べる?研究する?コースにいるので、全く日本語はできないという返事だった。帰り際には笑顔で帰って行った。きっと結果を聞くためにあす以後、近々にやってくるだろう。日本の中に日本語を使わない研究コースがある大学があるとは知らなかった。不明熱・・・というのだろうが、僕の一番苦手な分野のひとつ、今後が思いやられる。
  • 2018/7/3 9:00
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (103)