AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2018 3月 » »
25 26 27 28 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

20180310のエントリ

昨日、昼休みに近くの独居の高齢者の方を往診。いわゆる在宅医療だ。帰りに昼ごはんを買おうとスーパーに寄った。食料品のところをうろうろ、フィリピン人の患者二人に出会った。こちらは手には昼ごはんにと狙いを定めた商品を持っていて、こういうのって恥ずかしい。二言三言言葉を交わしてレジへ。会計を済ませて外に出ようとすると、目の前にドイツ人の患者がベビーカーを押している。こんにちはと言いつつ、ベヒーカーを覗くとお嬢ちゃんが両手でバンを持っておいしそうに食べていた。別れた直後に後ろから「こばやしせんせい」と母親に呼び止められた。花粉症がひどくて僕のクリニックで薬を出してもらえるかどうか?という相談。日本は本当に変った。スーパーに行ってもお弁当屋さんに行っても、どこに行っても外国人の店員がいることに誰もが驚かなくなっている。それなのに、あらゆる分野で日本語がうまく理解できない人たちを支えるしくみができていないような気がする。医療もその一分野だろう。
  • 2018/3/10 9:00
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (144)