AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2018 3月 » »
25 26 27 28 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

20180308のエントリ

九州の某県の国際交流協会の方が医療通訳のことで午前中半日の見学にいらっしゃった。数年前にこの国際交流協会主催の講演会で講演させていただいたためのご縁で連絡をいただいたものだ。いつも、このようにどなたかが見学にいらっしゃる日にはあまり外国人がやってこないというジンクスみたいものがあって・・・平日にいらっしゃるのが多いのもその一因かとは思っていたが・・・このところ、平日、週末問わず、外国人患者が多く、あまり心配はしていなかった。ところが・・・フィリピン人スタッフが久しぶりに家族と里帰りすることは聞いてはいたが、「いつ」とは聞いていなかった。月曜の診療終了のころに「じゃ、せんせい、すみませんが、日曜まで行ってきます」と言われ、呆然。いつも来てくれるフィリピン人患者には手回しよく、自分がいない間は緊急時以外、来ないようにと話してあると教えてくれた。これでますます呆然。火曜の朝、見学の方がいらっしゃったときにこの話をして詫びた。心配していたが、診察が始まったら、午前中に僕のほうだけでフィリピン人3人、韓国人1日の受診、小児科にもフィリピン人の受診があってほっとした。フィリピン人スタッフには早く帰ってきてほしい。
  • 2018/3/8 9:06
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (229)