AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2018 1月 » »
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

20180130のエントリ

ガーナ人女性35歳、降圧剤を内服してから1週間、この数日、腹痛とめまいがあるという。血圧はあまり下がっていない。咳もあり、この数日の件は呼吸器系と消化管へのウィルスの感染症ではないかと疑った。降圧剤を変更し、咳止め、消化吸収を助ける薬を処方してようすをみることにした。印象が暗い。メンタルな面でもなにかがあるのかもしれない。日本で何をしているのか、仕事を聞いてもみたいのだが、なかなか「なかに」入れてくれない雰囲気がある。午後になって高血圧で数年拝見しているガーナ人男性49歳来院、一通りの診療のあと、彼女の話をしてみたが、知らない人とのことだった。大和の北隣のS市にはたくさん住んでいるよとの話だった。フィリピン人の母親に呼ばれて来日し、高校生活を謳歌しているフィリピン人女性17歳、階段のあがりおりで動悸がすると来院。急いで末梢血を調べるとHbが8.8しかなかった。これでは息苦しくなるはず、鉄剤を処方したが・・・白血球数が12500と多い。血液像も調べることとした。ペルー人女性69歳、先週、憩室炎の疑いで抗生剤を点滴で落とした。痛みも軽減、白血球数もCRPも正常範囲となったので抗生剤の内服薬をあと4日処方して終わりとすると話した。高校生のお孫さんが「通訳」についてきたが、なんというか、はつらつとしていてかわいい。さきほどのフィリピン人の御嬢さんもそうだが、高校の制服に身を包んだふたりを見ていると、日本も変わっていくのだろうなと思った。フィリピン人女性31歳、38.5度の発熱と体の痛み、そして鼻水。小さいこどもが3人いて、いずれも風邪症状。小児科が混んでいて、こちらで行った母親のインフルエンザ検査の検査結果が最初に判明、A型陽性だった。ええっと叫び声をあげたが、一家でだれもインフルエンザの予防接種を受けていないとのこと。あの分では次々に罹患していくだろう。
  • 2018/1/30 9:06
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (197)