AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2017 11月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

20171114のエントリ

不思議な月曜日だった。11日の土曜日に僕が診た外国人患者は9人だったのに・・・昨日の月曜は朝から「外国人」「日本人」「外国人」「日本人」・・と患者が続き、気がついたら午後5時の診療終了までに僕が診た外国人患者は15人となっていた。その国籍はフィリピン人6人、ペルー人3人、アメリカ人2名、ベトナム人、韓国人、中国人、ガーナ人各1人。フィリピン人女性50歳、高血圧で来院。本人も血液検査を受けるつもりで朝食を抜いてきたのでいざ採血をしようとすると・・真剣な顔でいやいやをするし、足をばたつかせるし・・で周りからフィリピン人スタッフや看護師が励ましながら軽く押さえることとなった。人によりけりとは思うが、フィリピン人患者にはわりとこういう「血液検査が苦手」という人が多い印象を受ける。ずっと前の話だが、駆血帯をして採血をしようと針を静脈に刺した瞬間に腕を引き抜かれ、周囲に血液が飛び散ったことがあった。なんとか無事に終了した。中国人女性、寝られないと来院。睡眠導入剤を処方した。アメリカ人男性26歳、風邪ひきで初めてやってきた。会社にあてて診断書を書いた。同じくアメリカ人男性69歳、同じく風邪ひきで来院、血圧も測定して、いつもの降圧剤も処方。ガーナ人男性、彼も風邪ひきで来院。高血圧でフォローしているのだが、最後に1か月分の薬を処方してからすでに4か月近くが経過している。血圧を測定しても130台と落ち着いているので、降圧剤は処方をしなかったのだが・・・降圧剤も欲しいと言われた。どうやって1か月分の薬で4か月をすごしたのか、不思議。日本に帰化したのでここには入れなかったベトナム人女性16歳、いろいろと話したが・・今までは学校の友達など周囲にはベトナム人だということを伏せてきたらしい。両親は難民として日本にやってきたベトナム人だ。こういう話を聞くと複雑な思いに駆られる。彼女の「選択」は現実を見てのものなのだろう。僕自身が今までインドシナ難民の人たちと30年以上かかわって仕事をしてきた、いや公私にわたり、かかわってきたことを話した。両親が生きてきた道は人に話してもなかなか理解してはもらえないほどの苦難だと想像する。彼女にはそういうことを理解して、しっかりとした自我を確立して生きていってほしい。帰りがけに「そういう話、初めて聞いた。うれしかった」と言ってくれた。
  • 2017/11/14 9:00
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (34)