AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2017 9月 » »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

20170922のエントリ

フィリピン人女性41歳、突然やってきて特定健診と各種がん検診を受診したいとのこと。一般診療を行いながら特定健診と各種がん検診を行わねばならないので、予約制を原則としている。そうしないと一般診療に来た皆さんを長く待たせることになりかねないからだ。朝の8時50分より一般診療と予約の特定健診の人、多い時は7人か8人をさせていただき、10時半からは引き続き一般診療と胃がん検診を含む内視鏡検査を2人というのがほぼいつものパターンで、各種がん検診の問診は午後の診療時間内にお願いしている。ところが・・・この患者のように突然予約なくやってくる健診希望者がとくに外国人に多い。さまざまな情報が日本語だけで流れる中、特定健診や各種がん検診を受けるチャンスを逃がさずに来たことだけでも評価してあげたいし、また国保の特定健診は大和市の場合、今月末までで終了となるので、あと実質7日しかないということになる。ここで予約制を理由にお断りしてしまうと、たぶんもう受けるチャンスがなくなるにちがいない。そう、考えて、受け入れることにした。ただし、来年度以降のこともあるので、予約性についてはしっかりと話をしておいた。先週、唇を大きく切って、来院時に組織の欠損のように見えていたフィリピン人のお嬢ちゃん、抜糸にやってきた。大泣きしたが、なんとか抜糸をさせてくれた。僕の目で見ても、あの傷が嘘のようにきれいに治癒している。ナイジェリア人男性48歳、高血圧で来院。降圧剤の処方を行い、食事についての話もした。
  • 2017/9/22 9:00
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (136)