AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2017 9月 » »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

20170905のエントリ

先週土曜日にやってきたふとももの熱傷のフィリピン人の女子高生、午後になってやってきたが・・・・大きくなっていた水泡が日曜日に破れてしまったそうだ。包帯交換してみると、ほぼ傷がドライな状態になっていた。これなら大事になることなく、もうすぐ治癒するだろうと話しておいた。小学校1年のときに日本にやってきて、今は近くの高校の生徒会長を務めているという。タガログ語は完璧だそうだ。日本語もまったく日本人の日本語、こういう、バイリンガルのうえに両方の考え方や文化を理解できる人材は貴重だ。韓国人女性66歳、血圧を計測して処方を書きながら、いまの半島の情勢など話したら、真剣に心配そうな顔つきになってしまった。半島になにかことが起きたら・・・親戚が彼女を頼ってやってくるかもしれない・・とっさにそう思ったそうだ。こんなことがないように願いたいが。ペルー人女性87歳、脳こうそくがあり、半身に麻痺が残っていていつも車イスを家族が押している。土曜の夜から発熱し、咳と痰が出るとのこと。胸部の聴診は異常なし、いわゆる風邪でよいと思い、処方、よく家族が面倒を見ている。フィリピン人女性35歳、頭と首が痛いと来院。発熱もなく、咳も痰もない。昨日よりはよくなっていると心配そうに話してくれた。よくよく話を聞いたところ、痛みが出る前日に車で遠出をして、車内で、あかちゃんを抱いて、3歳の子を膝に乗せていたとのこと、たぶん無理なかっこうで長時間乗っていたためだろうと診断、痛みも軽減しつつあるので、そのままようすを見るようにと話した。
  • 2017/9/5 9:09
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (44)