AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2017 7月 » »
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

20170711のエントリ

50台の韓国人女性、先日から腹痛と下痢が止まらない。症状や発症からの経過などから急性感染性腸炎と診断して治療しているのだが、それにしても長く、診断に一抹の不安を覚えていたのだが・・・・体が疲労しているような気がして・・・と焼き肉を食べていたことがわかった。消化吸収機能が落ちているので、カロリーの低いものを食べてほしいと話していたのだが・・・それでも原因がわかったような気がして少しほっとした。奥の部屋で点滴した。カンボジア人男性50歳、仕事を抜けてきたと会社の制服のままで診察室に入ってきた。腹痛と水のような下痢、発熱はなし。同じく急性感染性腸炎だろう。ここのところ、日本人にもすごく多い。内服薬を処方、食事と水分摂取の注意点を話した。フィリピン人女性39歳、高血圧で診療を開始して2週間、内服薬で血圧はうまくコントロールできている。前回の採血の結果では太っている体からは想像ができなかったが、LDLコレステロールも中性脂肪も正常範囲内、S-GOT、S-GPTも正常範囲なのにγ-GPTだけ200ぐらいと高い。お酒ですか?と尋ねるので、飲むの?と逆に質問してみた。するとお昼はお昼で働いているが、夜はフィリピンパブで働いているとのこと。お酒はできるだけ飲まないようにと話した。こんなに働いて・・きっとフィリピンに相当な額を仕送りしているにちがいない。
  • 2017/7/11 9:00
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (113)