AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2017 4月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

20170414のエントリ

昨日書いた83歳のアメリカ人男性の上部消化管内視鏡検査はなかなか大変だった。挿入がうまくいかず、ここで3分程度時間がかかってしまった。非常に我慢強い人だと思う。胃の中にはとくに所見がなかったが、明らかな食道裂孔ヘルニアがあり、さらに発赤した縦長の線が放射線状に3センチ程度口側に伸びていて、逆流性食道炎と診断した。ところが胸やけなどの症状は全くないと言う。症状が出現することがあれば、プロトンポンプ インヒビターなど逆流する胃酸を抑える薬を内服すべきだろうというところまで話しておいた。僕の上手とは言えない英語で説明したのだが、あとで職員に聞いたら日本語が上手なのだそうだ。職員とは英語ではなく、日本語で会話しているとのことで少しショックを受けた。フィリピン人男性24歳、重労働するのに「健康でだいじょうぶ」という内容の診断書を書いてほしい、そのための健診を受けたいが、簡単でいいと言う。かんたんで・・・という発想は費用を考えてのことだろうが、何も検査をせずに血圧と脈拍、聴診程度で「健康で働けます」と書けるわけがない。書いた後にもしも彼がなにかで入院などするようなことがあれば、診断書を書いた僕が法的に問われることになる。最低限、胸部レントゲン写真と検尿もすべきと話して施行した。即日で診断書がほしいと言われると生化学の血液検査はできない。診断書には「上記の検査は異状なく・・・」と書いておいた。こういうひとつひとつが自身の危機管理だと思う。
  • 2017/4/14 9:00
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (158)