AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2017 3月 » »
26 27 28 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

20170307のエントリ

発熱して先週の木曜から休んでもらっていたフィリピン人スタッフが月曜のきのう、元気に出勤してきた。彼女が休んでいる間、フィリピン人患者が異様に少なかったので、彼女が操作しているか、フィリピン人患者たちが日ごろからいつ受診したら彼女がいるのかなど彼女に問い合わせしているのではないか?と推察していたのだが・・・尋ねてみたら、「そんなことありませんよ、休み中に連絡してきたのはたった一人で、具合が悪そうだったので、私がいなくても早く行きなさいと言いました」という返事だったのだが・・・きのうは僕の診察を受けた外国人は13人、そのうちフィリピン人が8人もいた。彼女が発熱して休んでいるという事実がどこからかフィリピン人コミュニティに拡散していたにちがいないとますます確信するに至った。でもそうであれば、フィリピン人コミュニティに情報を流すことも比較的簡単にできるのではないかと考えた。フィリピン人8名のほかはペルー人が2名、アメリカ人、タイ人、韓国人が1名ずつ。フィリピン人女性35歳、会社で行う健診を受けることができず、かわりに健診を受けてきなさいという会社の指示で午前の終わりに来院。ごはんを食べてこなかったのはよかったのだが・・・どのような健診内容なのかという用紙を持ってくるのを忘れたために、値段を聞かれても項目がわからないので答えられず。採血があるかないかさえわからない。とりあえず、空腹時の採血と検尿だけしておいて、午後から会社から配られた健診の用紙を持ってきてもらうことにした。午後4時ごろ、来院。やはり採血はあった。
  • 2017/3/7 9:00
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (138)