AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2017 1月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

201701のエントリ

朝早くガーナ人男性34歳、激しい頭痛に襲われたとのこと、吐き気があって視野が狭くなり、ちらちらしているうちに激しい頭痛がやってきたらしい。よく聞くと、これが初めてなのではなく、20台よりときどきあるのだと教えてくれた。典型的な片頭痛と診断し、トリプタン製剤を処方した。こういう頭痛が来た時に、いつもはどういうタイミングで鎮痛剤を内服しているのか?と尋ねると、がまんができなくなったときと答えたので、トリプタン製剤はできるだけ早く内服するように、激しい頭痛が来た後に内服しても効果がないことを話しておいた。片頭痛がやっかいなのは発作が終わってしまうと「普通」の状態になるために、仮病とまちがわれることだ。彼も職場でそう思われているらしく、職場の上司に簡単に手紙を書いておいた。31歳のカンボジアのお坊様、39度の発熱が昨日より続き、カンボジア人の支援者が連れてきた。観光ビザでやってきたということだが、たぶん、観光ではなく、このあたりに住んでいるカンボジア難民出身者が法事でカンボジアから呼んだのだろう。インフルエンザ検査を行ったところ、結果は陰性、上気道炎と考えて、内服薬を処方した。連れてきたカンボジア人が、「観光ビザで日本の保険がない」と言うので、ジェネリックを処方し、少しでも安価に終わるように工夫した。待合室のカーキ色の僧侶の服装に、日本人患者も目を奪われていたようだ。
  • 2017/1/31 9:14
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (286)
ベトナム人女性67歳、2週間前にやってきたときは体が熱い、胸が熱いと訴えていたので、内視鏡検査も施行して逆流性食道炎と診断してオメプラゾール20ミリを就寝前に1日1回内服してもらったのだが・・・今度は「もらった薬を飲むと体が冷たくなる」と訴える。逆流性食道炎によると考えた「熱さ」が消失して、寒さと感じたのか? なんだかよくわからない。ただオメプラゾールを止めてしまうとまたもや「熱さ」を訴えるのではないかと推察し、オメプラゾールの10ミリに変更してみた。フィリピン人48歳、1年前までは高血圧で受診していたが、いつのまにか来なくなっていた。会社の検診で高脂血症と高血圧を指摘されて来院。180/120、よくよく見るとこの会社の検診、昨年の9月に行われたもので、しばらく放置していたら、会社からどうしたのか?と何度も催促されてやってきたらしいとわかった。再度、降圧剤を処方。一週間後に血圧を測定させてもらうこととした。隣のF市に住むアルゼンチンの男性59歳、A型インフルエンザ陽性、とてもつらそうだった。薬の内服の仕方をスペイン語で説明しただけで喜んでくれた。土曜は診療を終えてからクリニックに閉じこもってある雑誌社から依頼された原稿を書いた。昨日の日曜も昼から夜にかけて原稿書き、おかげで連載の2回分がおおよそ書きあがった。
  • 2017/1/30 9:00
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (278)
アメリカ人の御嬢さん20歳、来日して2か月と2週間、初診でやってきた2週間前は腹痛と軟便で過敏性腸症候群と考えてトリメブチンを処方したが、1日3回処方通りに内服すると便秘になるので1日1回しか内服していないという。腹痛のほうは少しよくなった程度だそうだ。ほかに腰痛と背部痛があり、米国では早朝の空腹時痛みがあってオメプラゾールを処方されている。本来はすべての症状をひとつの疾患で説明できればベストなのだが・・・空腹時痛をきたすような疾患、たとえば十二指腸潰瘍では軟便になることはないし、過敏性腸症候群なら食後の痛みのほうを訴えるはずで・・一つの疾患で説明するのはむずかしい。さらにオメプラゾールを一日20ミリを朝夕、内服しているというのに空腹時痛は消失していない。すごく太っている彼女の体型も気になるが、なにより来日直前から症状の出現は日本に行く不安、日本での仕事の内容に対する不安などメンタリティの不安につながり、それが過敏性腸症候群を悪くしているような気がする。いずれにしても上部消化管内視鏡検査とCT検査が必要ではないかと思ったが、検査を受けるか帰国をさせるか、彼女を雇用している宗教団体が決めるという。今は横須賀に住んでいるというので、住まいの近くの総合病院の医師宛に紹介状を書いた。ところで彼女が内服しているオメプラゾールだが、日本の公的保険の下では20ミリなら1日1回内服が上限量なのだが・・彼女は米国で20ミリ2回内服していた。相当量のオメブラゾールを処方してもらって持ってきているようでよかった。日本の社会保険に加入しているので、日本の医療機関では「1日20ミリ」しか処方ができない。症状が消失していないうえに、今の内服の半量しか処方してもらえないと知ったら・・・さらに不安になったことだろう。
  • 2017/1/28 9:00
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (316)
10年前ごろからときどきやってくるペルー人男性53歳、最後に診察したのは2年前、腹痛と下痢でやってきた。カルテをみると保険証番号が消されていた。今は日本の公的保険に加入していないということだ。公的保険に加入していない≒不法滞在というわけではない。外国人でも3か月以内の短期滞在や外交官、駐留米軍関係者は公的保険には加入できない。それ以外の外国人は加入できる、いや法律上は加入資格のある人は加入の義務があるのだが、罰則のない義務のため、せっかく加入の資格があるのに意図的に加入しない人たちがいる。これらの人々は大きく二つに分けられる。第一のグループは故国で民間保険に加入しているため、日本の公的保険と「だぶって」加入することに意義を見出さない人たちである。こういう人たちは欧米のいわゆる先進諸国といわれる国々の出身者が多い。ただし、彼らが「意義を見出せない」のは日本の公的保険に関する正確な知識が足りないからと考えられる。高額医療費助成制度や妊娠出産で一時金が支給されること、何より民間会社の保険と異なるところは適用される医療費に上限が課せられていないことだろう。そして第二のグループは加入資格はあるものの、故国の仕送りに追われたり、病気でもないときにも掛け金を支払う日本の公的保険の互助会的システムを理解できずに、加入しない人たちである。南米からの日系人を中心とした出稼ぎの人たちに多い。彼もまちがいなくこのグループの一人と思う。風邪程度なら毎月、掛け金を支払うより、自費で支払った方が安いだろうと考えるのだが、深刻な疾患に罹患した場合、医療費が支払えないということになりかねない。実際にそのような場面になって加入しようとしても国保税という概念で掛け金を徴収している市町村自治体においては過去3年分の支払うべきだった掛け金を支払わないと加入することができない。それもできないとなるといよいよ医療機関に未納金を積み上げる可能性が高くなり、そうなると医療機関としても他人事ではなくなってしのう。彼にはなぜ保険に加入しなくなったのかを質問しなかった。しなくても理由はわかっているし、長く日本にいる彼自身もそのデメリットを十分知っているはずなので。
  • 2017/1/27 9:00
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (306)
後味の悪い話をひとつ。おととい、いつも高血圧でやってくるペルー人女性の診察が終わり、あともう少しで診療も終わりというころ、事務職員からこの女性となにやらトラブルになっていると連絡があった。未納金を請求したら、すでに2万4千円を支払っている、支払い済みのはずだと激怒したらしい。未納金の金額は7千円余、その娘さんで日本語が達者な女性を間に入れたが、その娘さんも激怒したらしく、すでに患者は支払わずに外に出て行ってしまったとのことだった。まず第一にこういうトラブルが患者が帰ってしまったあとで院長である僕の耳に入ってくるというのではいけない。事務職員には注意をした。しかもこのケース、患者がすでに支払ったという2万4千余は、長男が公的保険を離脱している間に無効となったその保険証を使って治療を受けた「資格外診療」のときのもので、今回の7千円余は同時期にこの患者も保険証が無効になっていて、同じく「資格外診療」を受けたときの7割に該当する金額なのである。だから僕のクリニックの請求はまちがっていない。今回の教訓は3つある。まず、トラブルが発生したら、患者が院内にいるうちに責任者である僕に報告すること、これは組織としてはごく当たり前のことと思う。次にこういう「資格外診療」の未納金については国保、社保の審議会から医療機関にレセプトが文書を添えて戻されてくるので、その文書を提示しながら話をすること、そして最後はこういうケース、「なんとかスペイン語が通じます」程度の語学力では事実を事実通りに説明して納得してもらうには難しい。電話通訳などを利用して正確に伝えることがひつようだろう。こういう誤解はコミュニティの中を駆け巡るに違いない。ペルー人の間で、あそこはいつも余計に理解できないお金を請求するなどといううわさがたったら大変なことになる。来月の診察日に彼女が来てくれるかどうか、今から心配だ。
  • 2017/1/26 9:09
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (350)
先週の16日に顔面神経麻痺でやってきたフィリピン人男性、ステロイドの大量投与からの離脱中だが、きのうやってきたときには顔面神経麻痺の症状はほぼ消失していた。知り合いのフィリピン人がフィリピンにいたころに顔面神経麻痺を患い、適切な治療を受けなかったためにいまだにその症状が残っていて口角も落ちていて、自分もそうなるのではないかと恐れていたようだが、ようやく精神的にも落ち着いてきた。あと数日後に来院して完全離脱できるだろう。アメリカ人女性55歳、潰瘍性大腸炎でメサラジンの内服と坐薬を処方中。調子がよくて、悩まされつづけてきた下痢もよくなり、坐薬は使っていないのでいらないとのこと。このように勝手に自分の判断で使ったりやめたりはしてほしくはないのだが、彼女の場合は精神科疾患があり、こちらの言うことをなかなか聞いてくれない。一抹の不安が残った。フィリピン人の母親を持つ日本国籍の御嬢さん、僕の前の椅子に座ったきり、何も言おうとはしない。つい数日前に母親が相談に来たことを思い出した。仕事場でいやがらせを受けていると話していた。彼女の仕事の仕方にも原因があるのかどうかはわからないが、どうやら母親の話は事実に近いとわかった。朝になると仕事場に行きたくなくなる、食欲がない、でも仕事場でこどもたちが待っていると思うと、行かないわけにはいかない・・・そういう状態でうつ状態に近くなっている。パワーハラスメントだろう。どんな理由があろうと、こういう「いじめ」は許されないということに気がつかない人たちが、こどもの体だけでなく、心を育てる仕事に関与しているのは不安と言わざるをえない。とりあえず、抗鬱剤を処方、仕事をやめたいが、どのように上司に切り出していいのか、わからないと涙目で話すので、いろいろと画策せずに、そのままを話すべきと答えた。
  • 2017/1/24 9:14
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (277)
21日の土曜日はクリニック全体で19人の外国人患者。ベトナム人通訳スタッフが来てくれる日で、ベトナム人が多かった。隣のA市の特定健診でやってきた68歳のベトナム人女性、数年前に難民としていっしょにベトナムからやってきたご主人が亡くなってから、あまり外出もしなくなってしまったという。特定健診もやっと受ける気になって食べずに来てくれた。こういう人が病気になったら、どのように支えるべきなのか、支えられる体制があるのか、心配になる。火曜にやってきたベトナム人の68歳と67歳のご夫婦、二人とも別の問題でやってきたが、200近い高血圧もあって・・降圧剤を処方して数日、血圧はほどよく下がっていた。奥様は内視鏡検査も施行、やはりひどい食道裂孔ヘルニアがあった。「熱い」のは逆流性食道炎によるものだろう。オメプラゾールの内服後、少しはよくなっているとのことでほっとした。ご主人のPSAがわずかに正常範囲内より高く、前立腺肥大の薬の効果を見ながら、必要があれば専門医に紹介せざるをえないだろうが、言葉の壁が心配だ。ベトナム人は合計6人。ベトナム語の通訳スタッフにいま、どれぐらいのベトナム人が在留カードを所持して日本に滞在しているか、知っているか尋ねてみた。インドシナ難民として80年代から日本に合法的に受け入れられたベトナム人は8千人台だ。ベトナムが経済的に貧しく、また共産国家であったため、なかなか自由に往来はできなかったのだが・・この数年の在留外国人統計を見ていると驚くべきことに、うなぎのぼりにベトナム人の数が増えている。中国、韓国、フィリピン、ブラジルに次いで多く、たしか最新の統計では14万7千人弱だったと記憶している。在留ベトナム人を語るとき、インドシナ難民とその家族はわずか5.4%を占めるにすぎなくなっている。AMDA国際医療情報センターへの相談電話でもベトナム人関連の相談は増えつつあり、かつインドシナ難民としてやってきた人たちが多く住む東京、神奈川、群馬、大阪以外の地域からの相談が多く、法務省のデーターを裏付けていると思う。14万7千人弱という人数を聞いてクリニックのベトナム人通訳スタッフが驚いていた。
  • 2017/1/23 9:00
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (283)
フィリピン人女性26歳、神奈川県内で英語の先生として勤務しているらしい。2週間前に発疹と発熱と嘔気に下痢、一度解熱したが、数日前にまた軽度の発熱、すでに解熱しているが、勤務している会社から出社してもよいという診断書をもらってこいと言われて来院したという。すでに全く元気、たしかに皮膚の発疹の痕跡らしいものはあったが・・・後で会社から電話があって、はしかを疑われていたことがわかった。アメリカ人女性33歳、腰が非常に痛くて動けないという電話があったのが、きのう。整形外科に行くようにと話したのに来てしまった。旅行中で2週間後に米国に帰るそうだ。米国にいるときから腰の痛みが非常に強く、主治医からステロイド・ホルモンを処方されているとのこと、これは尋常の病気と思えず、再度、整形外科に行くようにと受付に来ている彼女に通訳を介して話したところ・・それでは薬だけでも処方してほしいと言われ、ステロイドは危険性があり、処方できないと話したら、ステロイドを内服しない時にはトラマーという薬を処方してもらっているので、そちらを処方してほしいということだった。それから日本医薬品集で調べたところ、トラマーではなく、トラマールという薬があった。非オピオイド系の鎮痛剤であって、適応病名には「がんの疼痛」などと書いてあった。やはり顔は見ておくべきと受付に出てみたら、肩で息をしているような痩せた女性が立っていた。とりあえず、2週間、米国に帰るまでの分を処方してもよいかと判断したが、この手の薬はペインクリニックやがん専門病院の近くの調剤薬局でなければないはず。案の定、一番近くの薬局には在庫がなかったが、徒歩で5分ほどのペインクリニックの近くの調剤薬局にはあることが判明した。ここで次の問題が発生、保険外診療になるのだが、彼女が持ってきたのは1万円であった。処方箋を書いて、薬局で2週間分の薬を受け取って・・・全く日本語が話せないので、クリニックのフィリピン人スタッフに同行してもらい、車で行ったのだが、あとでこのスタッフにお金が足りたか尋ねたところ、全部で9980円だったそうだ。しかし・・なぜ彼女が僕のクリニックにやってきたのかがいまいち、わからない。インターネットで検索したと話していたが・・
  • 2017/1/21 9:00
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (258)
昨日は大人だけでインフルエンザの患者が9人、いよいよ流行期に入ったようだ。その中にはフィリピン人もペルー人も。このフィリピン人患者、体に痛みが強く、CTでチェックしてほしいと近くの公立病院を午前中に受診したとのこと。痛みはたぶんインフルエンザのためだろう。待合室にずっといたらしく・・困ったことだ。困ったことといえば、もっと困ったことがひとつ。夕方になって近くの米軍基地から51歳のアメリカ人の男性がやってきた。午前中にクリニックの通訳に受診したい旨、電話があったらしく、内容は寝られないが、詳細はドクターに話すと言っていたという。やってきた男性と話をすること20分ぐらい、ようやく来院の理由がわかった。ベッドに入ればすぐに寝ることはできるが、真夜中に目が醒めてしまい、それからが寝られないと訴える。睡眠剤は使ったことがあるけど、意味がないし、使いたくない、安定剤も使ったことがあるそうだ。過活動膀胱の気はあるようだが、そんな深刻なものではない。どうしたらいいのか?と悩み始めたころ、彼が一言「SLEEPING AMNESIAじゃないかと思うんだが・・」と言い始めた。いわゆる睡眠障害だ。けっきょく近くの公立病院の耳鼻科を紹介したが、英語での対応ができるかどうか? 「さらに困ったこと」と表現したのは・・・今までは基地の中で働いている軍属がやってくる場合は基地の中の診療所または通訳から連絡があった。その会話の中で僕自身の専門外の分野ならお断りすることや医療機関情報を提供することもできたのだが・・・今回は明らかに今までは「やってきた」ルートがちがうようだ。このクリニックが「診療の振り分け」の役目をしなければならないとすると診療に時間がかかるうえに、ここで診療が終わらないという点で時間的にも大変なことなる。さらに・・専門外の分野のことを英語で話すのもさらに大変だからだ。
  • 2017/1/20 9:00
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (305)
フィリピン人男性71歳、風邪症状で来院。先天性心疾患があり、専門医に紹介後、数年間来院していなかったので、どうしているのか?と心配していたが、元気でいたようだ。ほっと安心。昼休みに入るかというころ、フィリピン人女性47歳来院、本人のことではなく、娘さんのことで相談があると。話を聞いたが、職場でのパワハラといじめで本人が心療内科の受診を希望しているが、どこの心療内科に問い合わせても予約でいっぱいで、診察までに2週間は待たねばならないとのことで、困っているということがわかった。本人の状況がわからないので、時間をつくって会いに来てくれるようにと頼んだ。午後4時をすぎてベトナム人のご夫婦が娘さんに付き添われて隣の市から来院。母親67歳は数か月前から胃が痛い、痛いというより熱いと言う。この「熱い」がよくわからない。よくよく話を聞いて入ると逆流性食道炎を強く疑えるとわかった。今度の土曜にベトナム人通訳が勤務しているので、内視鏡検査を予約した。念のために全身状態を診ようと血圧を測定すると200/120と恐ろしく高値、降圧剤も投与開始、兄弟に糖尿病の人がいるというので土曜は採血して肝機能、腎機能、脂質代謝のほかに糖尿病もチェックするつもり。日本に難民の呼び寄せとしてやってきてほぼ20年だというのに全く日本語が話せない。そのご主人68歳、排尿しずらく、終わったころにちょろちょろ出るという。いわゆる「きれ」が悪いというやつだ。エコーでは前立腺が腫大している。直腸肛門診では軟らかく感じたが、前立腺がんを否定したく、PSAを採血した。奥様と同じく、血圧を測定したら180/100と高値、降圧剤の投与を開始した。すでに食事をしていたので、土曜日に降圧剤の効果をみるために来院してもらい、空腹の状態で採血させてもらうことにした。
昨日の水曜は休診日、10時半ごろ、クリニックにやってきて2月8日に東京都病院経営部に依頼されている都立病院国際化対応研修のスライド原稿を作り上げた。これで某出版社に依頼されている原稿を心置きなく書くことができそうだ。
  • 2017/1/19 9:00
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (325)