AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2016 8月 » »
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

20160805のエントリ

ペルー人男女40歳台、夫婦で生活保護となってすごく長い。高血圧以外はなんてことなく、健康そうで・・・日本語も上手で、なぜ生活保護になってしまうのか、毎回診察時に理解に苦しむ。同じくペルー人女性41歳、ヘリコバクターピロリ陽性で一次除菌施行4か月後に呼気テストを行ったのだが・・・結果は残念なことに除菌できていなかった。理由を話して2次除菌の薬剤を1週間処方した。次の呼気テストは11月頃になるだろう。先日、背部の化膿性アテロームで切開排膿したフィリピン人女性、その後も膿が流れ出ていたが、ようやく止まっていた。圧迫してももう膿は出ない。仕事も忙しそうなので、あとは自分で毎日処置するように話しておいた。フィリピン人男性62歳、高血圧にて治療中。理由はよくわからないが、入管に滞在許可を短期的にもらっているというか、延長をくり返している状態。9月1日までの許可が出たとやってきた。彼のような人生、彼のせいばかりではないだろう。ベトナム人女性49歳、片頭痛。いつもの薬がなくなってしまったとあわててやってきた。トリプタン製剤の一つのことだ。そういえば・・最近、片頭痛の発作、全くおきなくなった。昨年までは頭痛はごく軽くなったものの、前兆というか、目の焦点が少し合わなくなり、視野が少し狭くなるように感じて不愉快な感覚がときどきはあったが、これも全くなくなった。年を取れば片頭痛はなくなると言われ、25歳の初めての発作からずっと期待していたが・・・67歳になってうれしいのはこれだけ。
  • 2016/8/5 9:00
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (521)