AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2016 4月 » »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

20160407のエントリ

昨日は水曜日で休診日。朝いつものように起きてまずは前日の医師会理事会の議事、報告等をまとめ、医師会員に送る月報の原稿書きをした。今回は理事会での議事、報告が多く、月報の原稿作りも楽じゃない。事務局に任せればいいという考えもあるだろうが、そうするとどこまで月報に書いてどこは書かなくてもいいのかとかそういう判断をまたしなければならない。けっきょく1時間余りで矢のように書き上げて医師会事務へメールで送った。おなかがすいてここで朝食。食べてからしまったと思った。食べると人間眠くなり、気持ちがゆるむ。とくに僕のような意志薄弱のいい加減な自分に甘い人間は気持ちが緩むといけない。でもここからが正念場と気を入れなおして数日前に依頼された某書店からの外国人の子どもに関する白書の分担部分の執筆を開始した。いろいろと頭をめぐらせても「かわいそうな外国人のこども」というイメージに合う出来事が浮かんでこない。白書というからには現状の分析と将来への展望を書かねばならない。大見出し、小見出しを考え、現状を書き始めたが、将来こうなるという展望というより、現在でもある解決への策を多くの人たちで共有することが必要と考え、そのまま突き進んだ。そして3時間後におよそ完成。たぶん何度か見て読み返さないと最終原稿にはならないだろうが、締切7月20日のものを済ませてほっとした。
  • 2016/4/7 8:54
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (733)