AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2016 1月 » »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

20160116のエントリ

精神疾患を持っているアメリカ人女性54歳、数日前にやってきたのにまたやってきた。話していることの脈絡がない。時折見せる顔つきが以前に精神疾患がコントロールできなかったときの顔つきと酷似している。症状や訴えではなく、本人の話してくれたこのところの経緯(どこの医療機関でこう言われたとか・・)がまちがいがないかどうかご主人に電話して確認することにした。待合室に出て行ったと思ったら医療費を支払わずに出て行ってしまった。以前にも一度あったが、話だけで薬を処方しない日は医療費を支払う必要はないと思い込んでいる節がある。精神疾患の専門医から処方されている内服薬が飲めていないのではないかと心配している。午後になって現れたフィリピン人女性、初診の方、1年前に交通事故で内臓損傷、横浜市内の某病院で手術を受けたが、ずっと吐き気が止まらないとフィリピン人スタッフが教えてくれた。ずっととはいつからか?と尋ねてもらったら事故からずっととの返事。以前の治療は労災だったと聞いて診察するのをやめる決断をした。たぶんすでに労災は切られているはずだが、最初から吐き気が続いているとすると事故との関連がどうかを判定しなくてはならない。それによって彼女の支払いも大きくちがってくる。さらに内臓損傷でどのような手術を受けたのか、そういう説明の書類が一切ない。これでは何をどうしていいのか、わからない。まずは手術を受けた医療機関を再度受診するようにと通訳スタッフを通じて話し、帰ってもらった。
  • 2016/1/16 9:00
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (669)