AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2015 9月 » »
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 1 2 3
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

20150924のエントリ

シルバーウィークの間、バンコクに行って来た。爆発事件から1カ月ぐらいか、街角には警備の兵士や警察官の姿は全くなく、いつものようにレストランは観光客でごった返していた。ただ空港での入国手続きのとき、いつもより並んでいる人が少ないなという気はした。タイも本当に変わったと思う。もちろんタイ国の隅々まで知っているわけではないが・・・アソークのターミナル21というデパートや4か月前ほどにできた隣のプロンポンのエンボリアだったか、デパートのレストラン階に行くと、ランチでも日本円で1500円近いランチブュッフェはタイ人でいっぱい。少し離れたエカマイのショッピングセンターでも同様な光景がみられる。タイの経済は一時のめざましい上昇気流に乗っている状態ではないと言われるのに。BTSと呼ばれる都市鉄道も10年近く前の開通時には短い都心の区間だけで、「ちょっとお金持ち」の乗り物だったが、スークムビット線はとくに東、東から東南方向、バンコクを超えて行政区域では隣のサムットプラカンのベーリンまで続いているが、来年にはさらに9駅開通するらしい。用事があってベーリンの手前のバンナーまで行ったが、電車は完全に通勤列車となっており、すし詰め状態だった。ただ朝、電車の駅で数列でキチンと並んで待っている人々を見ていると電車の開通が新たな文化をつくりあげていることがわかる。友人たちと始めたタイの国立看護大学の学生に対する奨学金制度も10年を迎えた。事情があって授業料の支払いに困っている4人の学生を学校側から選んでもらって、奨学金は直接学生たちに手渡している。今回は大学病院の一角でセレモニーを行っていただいたが、国を超えて同じ医療従事者として彼女たちの将来に期待をしたいと思う。そしてときどき自分たちがピンチの時に手をさしのべてくれた日本人がいたことを思い出してもらえたらそれでいい。
  • 2015/9/24 9:00
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (887)