AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2015 9月 » »
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 1 2 3
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

20150912のエントリ

きのう、僕のほうを受診した外国人はペルー人ばかり4名。こういう日も珍しい。ペルー人女性59歳、自分で坐骨神経痛らしいとやってきた。受け付ける前にスタッフに症状を聞いてもらったが、まちがいなく整形外科の分野らしいというので、近くの整形外科を紹介しようと思ったところ・・・近くでも行きたくない。鎮痛剤だけでいいから出してほしいと懇願された。よく聞くとご主人であるペルー人が僕のところに通院しているかららしい。それにしてもいくら言葉が通じるからといっても、専門分野ではない疾患に対して処方だけするというのは医師としては納得のいかない医療をさせられることになり、もやもやとしたものを感じてしまう。ロキソプロフェンを処方しようかとも思ったが、胃潰瘍など「胃が痛くなる」という副作用もけっこう経験しているので、坐薬を処方した。しばらくしてやはり坐薬は使いにくいからいやだと言っていると調剤薬局から電話があった。やむをえず、ロキソプロフェンに胃の副作用が出ないようにと胃薬を加えて2種類処方した。なんだか自分でも納得できない一日の始りだった。
  • 2015/9/12 9:00
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (801)