AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2015 9月 » »
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 1 2 3
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

20150904のエントリ

朝、かぶと虫がいた大きなカゴの昆虫マットを調べてみたら25匹、幼虫がもういて大きくなりつつあった。あらたな命だ。これから9ヶ月後の来年の6月になると成虫になるだろう。中国人男性42歳、まったく日本語ができないが、無事に内視鏡検査を行うことができた。異常はなかった。フィリピン人女性48歳、数日前よりめまいと体がだるいと来院。血圧も正常、とりあえずめまいの薬だけ処方した。帰りに受付で診断書がほしい、数日前から仕事を休んだからと言ったという。数日前のことは僕自身が確認していないので、「本人がそう言っている」という文書しか出せないと言うとそれでもいいとのこと。さっそく書いた。午後になって彼女のフィリピン人のご主人の姉妹が来院。いつも高血圧で診ているのだが、土曜から血圧が200あった、隣の部屋がうるさくて寝られなかったからという。昨日から血圧は132に下がったとのこと、計測するとたしかに130台。彼女も診断書が欲しいと言いだした。血圧が高くて仕事を休んでいたそうだが、このケースも僕自身が確認しているわけではないので、「本人からそういう申告がありました」としか書けない。まさかずる休みのしりぬぐいとは思わないが、具合が悪かったと言うのではなく、具合が悪い時に来てほしいと話した。スリランカ人女性38歳初診。かぜひき。ご主人もスリランカ人というのにあまりにも日本語が上手。聞くとスリランカにいたときに日系企業に勤めていたそうだ。35年前に僕もがん学会でスリランカに行ったことがあり、ひとしきり盛り上がった。
  • 2015/9/4 9:00
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (853)