AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2015 3月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

20150330のエントリ

いつもの習慣で朝風呂に入っていたら、至近距離から「ホーホケキョ」と聞こえた。風呂場の窓をあけて声の主を確認したい衝動を抑えて。何度も聞いていたら、なかなか「ホーホケキョ」とうまくは啼かない。うぐいすにも初心者マークがあるのだろうか。土曜日は外国人患者が17人。うち11人がフィリピン人で、一時、待合室がフィリピン人でいっぱいということになってしまった。隣のZ市からやってきたフィリピン人女性、初診37歳。フィリピンにいる家族がみな高血圧なので、心配で毎日血圧を測っているそうだが、いつもは120前後の最高血圧が、この数日180まで上昇しているので怖くなってやってきたとのこと。血圧を測定するとたしかに150前後まで上昇していた。数日分、内服薬を処方し、数日後にもう一度きてもらって降圧剤の確認と採血をしようと提案したら、なんと「きょうは採血するかもしれないと思って何も食べてはいない」とのこと。よかった。採血した。こういう心がけというか先を読む行動はなかなかできない。ちょっと感心した。タイ人男性45歳、高血圧で拝見しているが、前回の血液検査の説明をタイ語で行った。簡単なタイ語で済ますのだが、LDLコレステロールが相当、高い。食事療法まで話して帰ってもらった。はじめに書いたようにおとといの土曜日、4時間の診療で外国人患者17人、フィリピン人が12人、ベトナム人3人、タイ人とペルー人が各々1人。あしたでもう「平成26年度」も終わり。都心の道路工事も終わりだろう。
  • 2015/3/30 9:04
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (971)