AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2015 3月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

20150323のエントリ

ドイツ人男性29歳、あまりに日本語の上達がすごくて日本人の患者と話しているのと勘違いしそうになる。人柄なのか、彼と話していると楽しくなる。フィリピン人女性47歳、はじめてやってきた新患。最近めずらしい保険外診療すなわち自費診療。帰り際に話していたが、「保険証はあるが使いたくない」そうだ。住まいも申告は市内の近くだが、本当に住んでいるのは市内の北部。僕のクリニックからは少し距離がある。人のプライバシィだし、自費で支払いたいというならそれでこちらはいいのだが・・・いろいろと問題を抱えている人が多い。保険証を出したくない、あるいは保険を使ったことを被保険者本人に知られたくないということなのだろう。民事不介入ではないが、こういうケースはしつこく話しを聞かないほうが無難だ。ひさしぶりにインターネットで「外国人医療」と入れて検索してみたら、ずいぶんと民間の会社組織が出てくるようになった。メディカルツーリズムとか外国人観光客の大幅な増加というところにビジネスチャンスを探しているのだなと考えさせられた。こういう分野、僕の感覚ではどう考えても「もうかる」とは思えないのだが・・・営利組織のプロが関与するとちがうのだろうか? ノーハウのない僕にはよくわからない。
  • 2015/3/23 9:08
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (916)