AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2015 3月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

20150316のエントリ

14日の土曜日、朝8時50分にクリニックのシャッターをあけてから受付終了30分前の12時半まで「トイレに行く間もないほど」忙しかった。ベトナム人の通訳が前回来てくれてからまだ2週間しか経過していないためか、ベトナム人の常連の患者はだれもいなかったが・・・10時頃に30歳のベトナム人男性が初診で来院。9歳で日本にやってきたそうだが、ベトナムにいるころ、何度かおなかが痛くなり「盲腸」と言われて手術を受けた。その後、手術が下手だったのか、腸が腐って膿がたまり、また大きく手術をして腸を切断して人工の腸でつなげたとのことだった。何が何なのかわからず、まずはおなかを見せてもらうことにした。たしかにいわゆる盲腸の手術をしたと思われる右下腹部斜切開創があった。さらに腹部正中切開創があったが、上腹部から下腹部まで大きな傷だった。さらにさらに・・・左下腹部に4センチ程度の傷があった。ここから考えられることは・・・まず虫垂切除をした。腹部正中切開の手術まで最初の手術から4ヶ月ぐらいというので感染症をおこして手術をしたにしては間があきすぎている。すると考えられるのは癒着性腸閉塞いわゆるイレウスだ。痛みに強弱があったということからも考えやすい。そしてすでに一部腸管が壊死をおこしていたので切除したのだろう。人工の腸管で腸をつないだというのはまちがいだと思う。そして左の4センチの腹部創はドレナージの管を入れていたにちがいない。そう考えるとこれって日本でもよくある・・・いやありえる話だ。最初にいわゆる盲腸などの小さな手術をする。それが原因で小腸がその腹部の傷に癒着してしまい、癒着性イレウスをおこしてしまう。このイレウスというのは一度よくなっても何度もおこす可能性がある。そして最悪の場合は癒着剥離の手術やすでに腸管に壊死をおこしている場合はプラス腸管切除の手術をいっしょに行わねばならない。だからたとえいわゆる盲腸のような手術であっても「手術でも内服治療でもよくなるという状況なら」治療法として手術を選択してはいけないのだ。こういうことは外科医ならだれでも知っている。ここまでよく説明してあげたら患者の顔がぱっと顔が明るくなった。今まで自分の手術のことがわからなくて不安になったりもやもやしていたそうだ。とりあえずイレウスの予防ということで保険適応となっている大健中湯を処方した。ところでどうして僕のところにやってきたのかと尋ねたら、父親から行けと言われたと言う。父親の名前を聞いてみたら、この20年ぐらい、調子が悪いとときどきやってくるよく知っている名前だった。
  • 2015/3/16 9:04
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (969)