AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2015 3月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

20150309のエントリ

7日の土曜日は外国人患者も10時すぎてからちらほらとやってきたが・・・11時をすぎると外国人患者のカルテがいっぱい並ぶようになった。カンボジア人女性75歳、しばらくやってこなかったが、元気そうで安心した。少し太ったような気がする。フィリピン人男性63歳。診察の帰り際に「サロンパスが欲しい」と言いだした。これは本当に「サロンパス」が欲しいのではなく、湿布が欲しいということだ。南米の人も同じ。きっとサロンパスも味の素同様、海外で売りまくったのだろうか? 調味料の代名詞が味の素だとすると、湿布の代名詞がサロンパスということになるのだろう。初診のアメリカ人25歳のお譲さん、隣接する市からやってきた。数ヶ月前から腹痛と軟便。どうやら過敏性腸症候群らしい。こういう疾患は検査をすればわかるというものではなく、検査はほかの疾患を否定するための検査ということになるが、年齢から考えてがんという可能性は極めて低いので、まずは内服薬の処方で様子を診させてもらうことにした。
とうとう自分の書いた本と対面した。なんだかいとおしい。たくさんの人にかわいがってもらえますように。
  • 2015/3/9 9:00
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (972)