AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2015 2月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

20150206のエントリ

 昨日の午前、小包が届いた。包装紙が雨にぬれて破れそうになっていた。一目で国際宅急便とわかった。差出人はブラジル在住の日本人の方で、1年のうちの半分はこちらに住んでいる妹さん宅にやってくる男性だ。年齢はすでに90歳に近づいてきているが、ブラジル生まれのお子さんたちの中に医師になった方が多く、しっかりと管理されていてお元気でいらっしゃる。開けてみると想像通り、豆類、アンズ、パイナップルの加工品などであった。実は昨年もいただいたのだが、とくにアンズは日本産のものに比較して大きい。遠くにお帰りになって送ってくださる、そのお気持ちに心から感謝したい。手紙が添えられていて、11月に帰国なさった後、膝を痛めて入院なさっていたと書いてあった。また暖かくなったら元気なお顔で現れることをお祈りしたい。
 出版社から外国人医療の最終ゲラが送られてきた。4時間ぐらいで全部読み終ったが、とくに法制度の変化にかかわるところのチェックが前回抜けていたようで、自分でチェックしていて自分のいい加減さにいやになってしまった。出版社に申し訳ない。この分なら3月には出版していただけるだろうと思う。
  • 2015/2/6 9:07
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (899)