AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2014 12月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

20141212のエントリ

寒くなってきた。あすは太平洋側でも雪が降るかもしれないとのこと。インフルエンザ患者も報道のとおり、急増している。きのうは僕の診察室だけで二人、隣の小児科を加えると10人に迫る勢いだろう。フィリピン人の家族3人、全員発熱と体の痛み、全員インフルエンザだったと昼休みに小児科に付いている看護師に聞いた。やはり外国人のほうがインフルエンザの予防接種を受けているパーセンテージが低いという印象がある。体が痛くなると「せんせい、死んじゃう」と言いながらやってくる。インフルエンザの発熱に伴う頭痛や体の痛みは初めての体験なのだろう。平塚市からフィリピン人の男性49歳。足が痛いとやってきたが尿検査で糖が3+、父親も糖尿病だそうだ。それなのにココアや甘いものが大好きとのこと、もしかしたら糖尿病のための神経痛かもしれない。平塚から僕のクリニックまではゆうに1時間はかかる。長く通院してくるのはむずかしい。地元で診てくださる医療機関を探さねばならないかもしれない。もうひとりフィリピン人男性59歳、同じフィリピン人の奥さんの上部消化管内視鏡検査に付き添いでやってきた。終了して奥さんと彼に内視鏡検査の説明を行ったその直後に頭が痛いと訴える。血圧を測ったら180を超えている。それから診察。大きな余病を併発しかねない。その前でよかった。
  • 2014/12/12 9:03
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (793)