AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2014 11月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

20141125のエントリ

22日の土曜日、思った通り、混んでいた。それでも寒くなると朝の早い時間が比較的すいていて、その時間帯から内視鏡検査を始めて、診察をしながら11時半ごろまでに5人の内視鏡検査を無事終えることができた。外国人患者は13名。フィリピン人6名、ペルー人3名、インド人3名、パラグァイ人1名。インド人のお子さん、いわゆる魚の目で処置。処置で機嫌が悪く、反対の足で蹴っ飛ばされた。こどもらしい反応というべきか。こんなことは日本人のお子さんでも年がら年中なので別に驚きもしない。最後は母親に先生にありがとうは?と促されてお辞儀をして帰っていった。きのうの月曜が祭日で、あけたきょう火曜日、どんなに混むかと思うと不安になる。年末休みまであと1カ月と思ってがんばるしかない。その前に年賀状が頭痛の種だが。
  • 2014/11/25 9:07
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (930)