AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2014 11月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

20141114のエントリ

きのう、診療時間を10分過ぎた午後5時10分ごろ、4歳のお子さんを連れたお母さんがまだあいていたクリニックのドアを押しあけて入ってきた。お子さんのことだったが、まだ小児科の診察がすべて終わってはいなかったので受けた。クリニックの前に車を停めていたので、お子さんだけおろしてクリニックに入ってもらい、駐車場を教えてあげたのだが、そのお母さんがなかなか帰ってこない。やきもきして待っていたら駐車場の近くをうろうろしている車を1台発見、誘導してあげたらやはりこのお母さんだった。けっきょくは溶色連鎖球菌の感染症であったが、診てあげられてよかったと思う。あとで聞いたら中国か台湾の人の名前だった。たぶん駐車場の場所の説明がよく理解できなかったのだろう。
AMDA国際医療情報センターの相談を見たら、医療機関から電話通訳をお願いしますという電話が3件も含まれていた。ここのところ、一段と多くなっている気がする。センターの役割が医療の現場で役立つものと急激に理解されはじめた証拠だろう。
  • 2014/11/14 9:02
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (696)