AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2017 11月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

平成23年8月22日月曜

平成23年8月22日月曜

きのうは朝からクリニックのエアコンディションの入れ替えで業者が工事、鍵の開け閉めなどあり、ずっとクリニックにいた。日曜だというのに悲しい日曜だ。夕方、午後5時から田園調布のうなぎ屋で東京に来てからの小学校の同級生7人と会った。何年経っても、何十年経ってもすぐに小学生のころに戻れる。だれも先生と呼ばずに名前で呼んでくれる。この仲間は1年に2回程度、誰からともなく集まっているのだが、いつまでもみんな元気でいてほしい。可笑しいのはあのころ、手のつけられなかった悪ガキがみんなそれなりにがんばって働いているということだ。だからよく診察にやってくるお母さん方で「うちの子はちょっと・・・」とおっしゃる方には彼らの話をしている。心配しなくていいよ、みんな普通になるのと。彼らには申し訳ないが。朝から保険を持っていない外国人が続く。理由もさまざまだが。ここのところ、AMDA国際医療情報センターへの相談の中に保険のない外国人が医療費を支払えなくて・・という医療機関や外国人の家族、支援者らしき人たちからの相談が目立つ。きょうのフィリピン人もそうだったが、大きな病で入院したり、手術ということになったらどうするつもりだろう。私が面倒みますと大見えを切っている妹が本当に全部面倒見られるのか? 他人の好意をあてにしての綱渡りはしてほしくない。あてにされる医療機関はたまったものではない。昼前にタイ人来院。胃が空腹時に痛いそうで、「あしたは休みとった」そうで明日は既に内視鏡検査がふたり入っていたけど強引に入られてしまった。僕が彼らを甘やかせているのだろうか? この日に・・・と彼が言う日にしてあげないと今度はいつになるかわからない。予約制であることを話しながら入れた。ああ、あしたもまた午前中、診察しながら内視鏡3人。
  • 2011/8/22 14:00
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1800)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://amda-imic.com/modules/blog/tb.php/77