AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2017 11月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

平成23年8月16日火曜

平成23年8月16日火曜

まだ夏季休暇中だが書類や郵便物の整理のためにクリニックに行った。郵便物の中に大和市の広報紙があった。一番後ろに市内で市役所が放射能を計測している場所の地図が書いてある。市民からの不安の声が高かったのだろう。でもいつも書くことだが、日本人が不安に思うことは外国人だって不安に思うはずだ。だからこういう生活に密着した情報は日本語が読めない人にも伝える努力が必要だ。いいや伝えなければならない。僕の書いていることはどこかおかしいだろうか? 夕方パソコンをあけたら市役所から医師会事務経由でメールが来ていた。がん検診のことだが、医師会長として一度目を通しておいてほしいという。読み進むと日本語のつぎに英語、スペイン語、ブラジル語、中国語、韓国語、タイ語、ベトナム語の文章がつぎつぎに現れてきた。ははーん、ここを僕に見て評価しておいてほしいということだなと思った。一行ではなく数行書いてある。日本語ほど詳しくない分、詳細はホームページを見ろ、役所の担当課に電話してもいいと書いてある。このホームページのところ、まだチェックしていないが、ちゃんと外国語で書いてあるんでしょうね、市役所の担当課とは書いてあつたいが、なぜか電話番号は書いてない。市役所の担当課では外国語は通じないと思うが、いったいどういう風になっているのだろう。まさか「ここからは日本語でね」とはなっていないと思うが・・・今回は辛口評価するよりまずは褒めてあげよう。
  • 2011/8/16 21:50
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1642)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://amda-imic.com/modules/blog/tb.php/72