AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2013 11月 » »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

平成25年11月19日火曜

平成25年11月19日火曜

朝一番、アメリカ人男性、受付で背中が痛いと言っているという。フィリピン人スタッフに聞いてもらったが、どう考えても整形外科領域疾患のようなので、整形外科を受診するようにと教えてあげたが、いやな顔をしていたらしい。ここで診てあげられたら最良だが、僕の専門分野の疾患ではないものを僕が診たら、けっきょくは患者に迷惑をかけてしまう。順番を待って、やはり整形外科へとなると診療費をもらわなければならないし、時間が遅くなってしまう。近くに整形外科医は複数いるし・・・こういうことはわかってほしいと思う。ひさしぶりにやってきたベトナム人男性72歳、ベトナム帰国中にトイレで転倒して体を痛めた奥さんの薬をもらいにやってきた。見たら3年前に一度処方しただけの薬。悩んだが、本人が来れないというのでやむをえず、処方した。カンボジア人女性71歳の家族、近くの公立病院の医師からの情報提供書を書くと、時間がない、ほかに行くところがあると帰ってしまった。患者は今回、ある部位のがんで手術を勧められているそうだ。あけて読んでみると「先生が、以前に全身麻酔をかけてはいけないと言ったと本人が話している。どういう理由からか教えてほしい」と書いてあった。最後にやってきてからすでに6年を経過しているが、開業してもうすぐ24年、全身麻酔をかけてはいけないなどと患者に話した記憶がない。その旨、ファックスで書き送った。こういう思いちがいがあるから恐ろしい。家族しか来なかったうえに、保険証は持って来ず、先生に手紙を読んでもらえればそれでいいと帰ってしまったので、まったく一銭も請求できず。まあいいかで終わってしまった。
  • 2013/11/19 14:07
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (758)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://amda-imic.com/modules/blog/tb.php/675