AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2017 11月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

平成23年7月11日月曜

平成23年7月11日月曜

午後4時をすぎたころに看護師が先生におみやげと紙包みを持ってきてくれた。開けてみたら南米の装飾品。おみやげを届けてくれた日系3世のお母さんと4世の小学1年生。いまは少し離れたところに住んでいるが特別に来てくれた。半年前に帰国した日系2世の彼女の父親からのおみやげだそうだ。高血圧で高脂血症で小さなビヤ樽のように体つきだった。愛想がよくて人懐こくてスペイン語の単語もいろいろと教えてもらった。うれしい、物をいただいたということより、気持ちがうれしいよね。いったんは仕事がないからと帰国したが、来年の4月にまた日本にやってくるとのこと、再会が待ち遠しい。おじいちゃん、ちゃんと薬飲んでる?と娘さんに尋ねたら「飲んでるけど、高い」と言うので血圧が高いのかと思ったら、そうじゃなくて医療費が高いとのこと。どうして?と聞くと「日本とちがって保険がないから」だそうだ。やはり世界に誇れる日本の保険制度なのだろう。この制度を維持していかねばならない。そうでないとアメリカのようになってしまう。
  • 2011/7/11 16:17
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1654)

トラックバック