AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2019 5月 » »
28 29 30 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

平成31年3月14日木曜

平成31年3月14日木曜

ナイジェリア人男性44歳、排便時に出血すると来院。肛門鏡で診てみたが、痔はあるが、出血はなし。ポリープ状に変化もあるが、明らかな出血源がわからないので大腸の検査も必要になると考え、近くの専門医に診察をお願いした。ベル―人女性19歳、風邪症状、発熱、体の痛みで来院。明日から飲食店で働くというので、インフルエンザの検査もしておくべきと考えて、話をしたら・・・いやがる。誰でもいやなものだが、顔つきを見ていると「本気で」いやがっているのがわかる。鼻腔に入れる綿棒を取り出すとそれは頂点に・・・ここまでいやがられると、やる方としてもやめてしまおうかなあと思いたくもなる。でももしインフルエンザなら周りに広めてしまうだろうし・・と心を鬼にして施行。結果は陰性。疲れてしまった。タイ人女性59歳、めまいがするとやってきた。降圧剤のせいかとも思い、血圧を測定するもよくコントロールされていて低いというわけじゃない。よく聞くと耳鳴り、吐き気、頭痛もあり。メニエール氏病を疑って処方した。同じくタイ人女性55歳、前回の採血の結果、中性脂肪が300を超えていた。カルビが大好きだそうで、「どうする?」と言われても、すでにベザフィブラートを最大量内服しており、やはり食生活を変えるしかないのだが・・ビールとカルビが大好きというのは変えられそうもなさそうだ。イスラム教徒なので、豚肉は食べられないし。フィリピン人女性59歳、目が真っ赤。花粉症と自分で言っていると受付から連絡があった。その通りだった。
  • 2019/3/14 14:39
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (122)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://amda-imic.com/modules/blog/tb.php/1922