AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2019 7月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

平成31年3月4日月曜

平成31年3月4日月曜

待ちに待っていた日本医師会雑誌の3月号が大和市医師会経由で届けられた。通常は日本医師会より会員に直接届けられるため、まだ届いていないはず。3月号は訪日・在留外国人の診療の特集号だ。僕も企画・監修に名前を連ねていただき、2429ページから2443ページまでの座談会に参加、2461ページから2464ページまで「開業医を対象とした外国人診療支援および医療通訳支援」というタイトルの原稿を載せていただいた。この日本医師会雑誌、たぶん3日ごろから全国の医師会員の手元に郵送されるはずだ。原稿が掲載されたから、座談会に出席したからえらいというものじゃない。しかし、全国の医師会員の皆様に自分の主張、意見を聴いていただくチャンスをいただいた、こんなうれしいことはない。外国人に対する医療が特集号となって日本医師会雑誌に載るなど、数年前までは想像だにしなかった。30年前にクリニックを開設したとき、大学の関係者から大和のような田舎で日本人も外国人もいっしょに診る国際クリニックなんて何を考えているんだと不思議がられたことを思い出した。もしかして先見の明があったのだろうか。
  • 2019/3/4 10:23
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (206)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://amda-imic.com/modules/blog/tb.php/1915