AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2019 7月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

平成31年2月14日木曜

平成31年2月14日木曜

おとといの12日火曜日、前日の月曜日が祭日だったためなのか・・・なにしろ外国人患者が多かった。僕が診察した方が16人、フィリピン人8人、ベル―人3人、ベトナム人、パキスタン人、アメリカ人、ブラジル人、オーストラリア人が各一人。小児科の集計はまだしていないが、クリニック全体としてはきっと30人近くになると思う。平日に30人を超えたら大記録かも。おまけに日本人患者も多かった。フィリピン人の新患がひとりいたが、ときどきやってくるフィリピン人女性が近所の知り合いのフィリピン人女性の具合がよくないというので、付き添ってきたもので・・お隣さんも誘って・・・という感じでどんどん増えてくる印象がある。オーストラリア人女性も新患で僕のクリニックとしてはめずらしく観光客だった。長野県でトレッキングしていて尻もちをついたとたんに痛みが走り・・というので、こりゃ大変と思ったら、それはもう2週間も前のことで、痛みがだんだんひどくなるので厚木の米軍基地の中の友人を頼ってここを訪ねてきたとのことだった。その友人が車で送って来てくれたそうだ。日本語はあいさつ程度、分野は整形外科と思ったので近くの整形外科に電話で事情を話し、言葉の問題があるのでフィリピン人スタッフに通訳を依頼して同行してもらった。幸いなことに鼻骨骨折はなかった。きのうの水曜は1年ぶりにガーラ湯沢に行ってきた。3歳にもならないころから北海道の田舎でスキーをはいていたので、昨年は30年のブランクがあっても転倒しなかった。ことしも初心者コースで軽く楽しんできた。5本滑って転倒なし。それにしても外国人観光客が多い。僕の感想だが、東京駅を出るガーラ湯沢行の新幹線からして外国人だらけ。欧米人というよりアジアの人のほうが多い印象で、ガーラ湯沢の受付、レンタルの窓口まで北京語、英語、タイ語を話す担当者がいて・・・もはやここはどこ?状態だった。
  • 2019/2/14 13:50
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (191)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://amda-imic.com/modules/blog/tb.php/1902