AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2019 4月 » »
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 1 2 3 4
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

平成31年2月8日金曜

平成31年2月8日金曜

カンボジア人女性61歳、本当に久しぶりに隣のE市から来院。本人はインフルエンザを心配しているようだったが、単なる風邪だった。難民として日本にやってきてたぶん32年ぐらい。日常の日本語が話せても、病気に関する単語はやはりよくわからないようだ。30歳をすぎてから言葉を学習することは大変なのだと改めて思った。フィリピン人男性、手の指の爪がざらざらしているという。差し出された両手の指の爪を触ってみるとたしかに指先に向かって90度の方向に筋が入っているように見えるし、爪の形状がたいこばちのように膨らんでいる。これは皮膚科へと思ったときに気がついた・・・彼の指先が小刻みに震えている。緊張したときではなく、いつも震えるのだそうだ。念のために甲状腺ホルモンのチェックとたいこばちだったことを考えて末梢血もチェックした。ブラジル人男性32歳、発熱のため、来院。会社に行ったら返されたそうだ。インフルエンザを疑われてのことだろうが、検査は陰性だった。きょうも午後から第三回厚労省の訪日外国人旅行者等に対する医療の提供に関する検討会へ。こういう会議に出席させてもらえる意義は十分に理解しているつもりだが、クリニックでの診療もおろそかにはしたくないし・・・悩ましい。
  • 2019/2/8 9:43
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (113)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://amda-imic.com/modules/blog/tb.php/1899