AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2019 3月 » »
24 25 26 27 28 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

平成30年12月25日火曜

平成30年12月25日火曜

甲状腺機能亢進症でチアマゾール5ミリを内服していたのに、来なくなってしまっていたフィリピン人男性53歳、内服しなくなってから約1年、数日前に採血した結果はFT3が5を超え、FT4は15を超えていた。両方とも正常の上限の3倍近くになっている。この年の押し迫った中、年末年始の休みがあるというのに、細かなコントロールをしなくてはならないと思うと頭が痛い。こういう「頭が痛くなること」がないようにと日ごろから病気や治療に話しているのに、ことがおこってしまう。なんともやりきれない気分だ。その直後に同じく甲状腺機能亢進症で診ていたインドネシア人のお嬢さんから血液検査の結果を問い合わせる電話あり。こちらはFT3、FT4とも正常範囲だったが、国から送ってもらった薬でつないでいたということで、本人もビクビクしていたようだ。結果オーライだが、こういう医療につきあっていると疲れる。なにかがおこったとき、責任がとれない。ナイジェリア人男性57歳、何度か通院しているうちに、ようやく信頼関係ができあがってきたような気がする。22日の土曜日は4時間の診療時間なのに、僕のほうだけで外国人患者12人、一時間に3人の割合。
  • 2018/12/25 9:50
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (112)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://amda-imic.com/modules/blog/tb.php/1873