AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2018 12月 » »
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

平成30年11月29日木曜

平成30年11月29日木曜

今月の診療は今日を入れてあと2日、すでに今月の外国人患者延べ人数は250人を超え、新患も25人となった。毎日ほぼ14人がやってきていることになる。増えているという実感がある。来週の木曜日に第二回の日本医師会外国人医療対策委員会がある。それまでに課題や実質的な案など提出できるように頭の中をまとめておかねばならないだろう。先週末から書いていた黄疸のメキシコ人女性33歳について、受け入れてくれたI市の総合病院の医師から情報提供書が届いた。エコーでみると胆石があり、CTで見ると総胆管の拡張はないようだが、下部に石がつまっていると書いてあった。これならきっと内視鏡によるファーター乳頭切開で石が取り出すことができるだろう。ほっとした。HA抗体は陽性だったが、それと今回の黄疸とは関係ないものと思われる。フィリピン人女性20歳、出産して4カ月、胃が痛いとやってたきた。痛いというところを触ってみると胃とへそのまわり、痛みが疝痛であることを考えるといわゆる胃疾患ではなさそうで、最後に「下痢は?」と訊ねると「ひどい」と一言。「では熱は?」とさらに訊ねると「昨日は37.4度」と答えてくれる。下痢と発熱を先に言ってくれたら診断がごく簡単だったのに・・吐き気もあり、いわゆる典型的に感染性胃腸炎と診断した。
  • 2018/11/29 14:10
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (38)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://amda-imic.com/modules/blog/tb.php/1855