AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2018 8月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

平成30年7月31日火曜

平成30年7月31日火曜

フィリピン人女性72歳、日本に嫁いでいる娘を訊ねて親族訪問ビザで次女といっしょに来日して約1か月、高血圧でアムロジピンを内服している。1週間ほど前から両下腿の腫れがひどいと来院。もともと肥満体型のようだが、たしかに浮腫が強い。聞けば観光であちこちと歩き回ったらしい。とりあえず一週間分だけフロセマイド40ミリを処方して様子をみることにした。一週間後に自費にはなるが、血液検査も勧めた。ペルー人男性53歳、胃がん検診での内視鏡検査が予約されていたのだが・・・10時半の予約で15分前には来てくれるように話したはずなのに・・やってこない。もう来ないかと思った10時45分にやってきた。それからトラブル発現、こちらは内視鏡検査を想定して事前説明していたのに・・本人はバリウムによる透視検査だと思っていたとのこと。これは困ったと思ったら、本人があっさり「じゃ、内視鏡検査でもいいです」と話してくれた。初めての内視鏡検査とのことだったが、こちらもあっさりと終了した。ペルー人女性、32歳の初診患者、胸苦しいと来院。呼吸音には異常なく、心電図もまったく異常なし。仕事場で大きなストレスを抱えているという。消化器疾患とも思えず、一週間だけアルプラゾラムで様子をみることにした。
  • 2018/7/31 9:00
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (50)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://amda-imic.com/modules/blog/tb.php/1783