AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2018 12月 » »
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

平成30年7月27日金曜

平成30年7月27日金曜

ペルー人女性70歳、会社での健診結果を持って来院。健診の結果はおおむね良好で、解説をしてさしあげると満足そうにうなづいてくれた。血圧も落ち着いていて、安心しながら降圧剤を処方。タイ人男性58歳、外痔核の薬と片頭痛のトリプタン製剤を希望。1か月前に「以前からひどい頭痛があるが、鎮痛剤が効かない」とやってきた。話を聞くと、血管拍動性の頭痛で、頭痛が来る前に焦点が合いにくく、目の前に黒いものが見えるというので、トリプタン製剤を処方し、内服のタイミングも教えて差し上げたが、「よく効いた」とのこと。こちらも安心した。午後4時に診療を打ち切って、県医師会へ。会長会では7月4日の日本医師会の第一回外国人医療対策会議の内容が報告され、日医より各都道府県医師会で外国人医療対策委員会をたちあげて対応をするように指示が出たことも報告された。昨晩は帰宅後、その方向性についてどのような提言をすべきか考えていたが、いずれにしても今までの経験で得た知識で協力したいと思う。
  • 2018/7/27 9:09
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (194)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://amda-imic.com/modules/blog/tb.php/1780