AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2018 11月 » »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 1
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

平成30年7月5日木曜

平成30年7月5日木曜

月曜日にやってきた中国人学生、次の日つまり3日の火曜の午後にやってきた。診察の前になにやら受付で声が聞こえるので、事務員に尋ねたところ・・・国立大学の留学生ですでに日本に2年もいるというのに・・・国民健康保険の掛け金をずっと支払っていなかったらしく、ゆえに使えない状況となっていたらしい。今日の朝、役所に行く、半年分の国保の掛け金を支払って、役所で国民健康保険確認証?なるものを持ってきた。役所に確認したところ、未払いの掛け金を支払ったので、国保は使えるとの返事だったので国保扱い、そして前日の自費分でいただいていた分から返金したが・・・彼のような国立大学の留学生であっても、このように公的保険に加入する資格がありながら、意義が理解できずに掛け金を支払わないということになってしまうなんて・・厚労省はもっと対策を考えた方がいいと思う。血液検査の結果はCRPがわずかに上がっているだけだったので、やはり不明熱と呼んでいいのだろう。もう少し様子をみるようにと話したら、うれしそうに帰って行った。昨日4日は午後1時から午後5時まで、日本医師会の第一回外国人医療対策会議に出席、出番はわずかに5分だったが、全国の都道府県医師会担当理事の前で話をさせていただけるまたとない機会をいただいたと思う。
  • 2018/7/5 9:06
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (148)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://amda-imic.com/modules/blog/tb.php/1766