AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2018 12月 » »
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

平成30年6月15日金曜

平成30年6月15日金曜

ベトナム人男性54歳の件で某市の職員来院。適切な受診ができていないので今後の対応について聞きたいとのこと。最後に診察したのは3月末、その前が12月、遠方というほどではないが、近くとは言えないところからやってくるのでやむをえず2か月処方にしているのだが・・それにしても間が空きすぎ、次はいつごろ診察という話もするし、日本語能力を考えて、ベトナム人スタッフが勤務している日を教えてあげるのだが、なぜかその日にはやってこない。口うるさいことを言われるのがいやでこのような行動をしているのかなと疑いたくもなる。あるとき、どこかの病院で精神疾患があると言われたようだが、僕は少し懐疑的だ。彼の日本語能力では対応した医師が彼の発言について「正しく」把握できたとは思いにくいし、もしかしたら装っていたのかもしれない。ただ、難民としてやってきたベトナム人のコミュニティとも全く付き合いがないようで、孤立しているというか、性格的に問題があるのだろうということは理解できる。何より話していて、笑顔がないし、人を拒絶しているようなところがある。この30年以上、生活保護となっていて、僕の記憶では働いていたことがないような気がする。適切受診をする気がないのであれば、働いてはどうか?と話してみると言い残して職員は帰って行った。
  • 2018/6/15 9:00
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (192)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://amda-imic.com/modules/blog/tb.php/1752