AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2018 5月 » »
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

平成30年5月25日金曜

平成30年5月25日金曜

先週、額を打ち付けて切ってしまったドイツ人のお嬢ちゃん、創を閉じていたテープをはがしてみたところ・・傷はきれいに治っていた。お母さんも喜んでくれて一安心。ナイジェリア人男性49歳、やはり血圧が高い。2か月に一回しか来院しないため、コントロールしにくい。某アジア国の女性と結婚していたが離婚したそうで、食事もいいかげんらしい。再度、食事療法について話し、内服薬も変更した。中国人女性57歳、仕事のために出張していたシンガポールから3か月ぶりに帰国、こちらも降圧剤がすでに切れていて、血圧が再上昇している。おまけに前回、頼まれて2か月処方したのに、薬は前日まであったそうだ。不思議。さ来週から再び海外へ行くそうで、また2か月分処方した。今回の診療報酬改正で薬の使い方について無駄を省こうという趣旨のことが盛り込まれている。たとえば降圧剤を3か月処方したのに、処方して1か月で血圧が下がりすぎたり・・あるいは適切な値に下がらなければ、降圧剤の使い方を変更しなければならない。すると2か月分の薬が無駄になりかねず、財政的に保険診療を圧迫する事態にもなりかねない。患者の立場から見ると、診察料も3か月で一回ということは毎月受診するより支払いが少ないので、好ましいことなのかもしれないが・・・主治医として診る立場からいうと、長期にわたって診察できないということは「いま、何がおこっているのかわからない」ということから怖くも感じる。4月の診療報酬改定以後はどんなに長くても2か月処方までとすることにした。その際もすぐに連絡ができることと、この間、自分で体調を必ずチェックしておくことを条件としている。
きのうの相模医師会連合会の代議員会も無事終了。緊張したのか帰宅後、とてつもない眠気に襲われた。そして今夜は大和市医師会の総会、とくに問題なく終わるだろう。
  • 2018/5/25 9:10
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (411)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://amda-imic.com/modules/blog/tb.php/1738