AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2018 5月 » »
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

平成30年1月20日土曜

平成30年1月20日土曜

まるで昨日の続き・・・・カンボジア人男性50歳、風邪症状にて会社からインフルエンザではないことを証明してもらってこいと言われたと・・・熱はないというのだが、額に手をあてると少し熱い。体温計で計測すると37度程度の発熱。インフルエンザの結果は陰性だったが、これ以上体温が上昇した場合はあすにでももう一度来てほしいと頼んでおいた。フィリピン人女性46歳、インフルエンザの予防接種希望で来院。今からでも遅くはないので接種した。アメリカ人男性、先週クラミジアの検査を行ったが、別の医療機関での診断通り、Ig Aが陽性でIgGが陰性だった。過去に感染したことはないが、最近になって感染したということを示しているのだろう。家庭のことも聞いたが、何よりも検査結果が客観的に一番正しいことを示していると思う。韓国人女性42歳、腹痛ありと診療終了まじかに電話がかかってきた。正直、こういう電話は一番困る。なぜって「10分で行きます」と言われても30分もかかることがあり・・・いわゆる時間外であるが、地域で医療を行っていると診療時間を過ぎたからといってもすぐに法に定められた超過料金を請求するわけにもいかず・・・こちらは待っている間も受付事務と看護師の時間外勤務の費用を払わねばならず・・・はっきりいうと明らかに赤字となるからだ。幸いなことに10分程度で現れた。感染性腸炎と診断して内服薬を処方した。
  • 2018/1/20 9:00
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (197)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://amda-imic.com/modules/blog/tb.php/1654