AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2018 8月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

平成30年1月16日火曜

平成30年1月16日火曜

ペルー人のお子さん18歳、土曜日から高熱が出ていたらしい。呼吸器症状もあり、インフルエンザ検査の結果、B型陽性だった。月曜までがまんせずに休日夜間急患診療所に行ったほうがよかったねと話したら、その存在も知らなかった。コロンビア人の留学生の御嬢さん30歳、半年前ぐらいから左の腰部から左の下腹部が痛いというような話で来院。尿管結石を疑って尿検を行ったが、異常なし。もう少し詳しく症状を尋ねると、臀部から左足にかけて痛みが走るという。すると坐骨神経痛かその手の疾患なのか、そう疑わざるをえず、近くの公立病院のMRI検査を申し込んだ。彼女は検査を受けるだけでいい、MRIは専門医が読影して、結果をこちらに送ってくれるので、彼女は結果をこちらで聞くだけでいいというシステムになっている。痛みは鎮痛剤を急いで飲むほどではないということで、検査結果が出るまで待ってもらうことにした。インド人男性30歳、隣の市の大きな某車関係の会社の研修生とのこと。インドで右の尿管結石の手術を受けているが、最近、同じ側に痛みが軽度にあると来院。インドの病院の診断書と経過報告書を携えていた。こういう文書も慣れない医療機関であれば、「その場で示されてその場で読んで」の対応はむずかしいかもと感じた。とくに患者が多く、混んでいるときにはいやになってしまうのではないだろうか。尿検査で潜血反応はなく、血液検査を行った。胸やけもあるとのことでオメプラゾールを10日分ぐらい処方して様子を教えてもらうことにした。そして尿酸値などみるために採血、あと1か月で帰国とのことなので、緊急でなければ、内視鏡検査などは帰国してからでいいだろうと思う。インドで民間会社の保険に加入していて、医療費請求のための書類が必要と言われたが・・・・再診も必要なので、すべてが終わったらまとめて書くことで了解してもらった。こういう作業も外国人を診察することに慣れていなければ時間のかかる作業かもしれない。ちなみにインドで内視鏡検査を受けるといくらぐらいかかるのか?と訊ねたら、日本円で9千円ぐらいとのこと。インドには公的保険がないはずで、すなわち医療機関によって金額が異なるのだろうが、僕のクリニックのように保険外診療を保険点数10割で算定しているところでは1万500円だったか、それに消費税がかかる程度なので・・・インドの全般的物価を考えたら相当に高い金額なのだろう。
  • 2018/1/16 9:00
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (258)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://amda-imic.com/modules/blog/tb.php/1651