AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2018 9月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

平成29年12月22日金曜

平成29年12月22日金曜

昨日書いたフィリピン人女性、背中が痛いと話していたので念のために血中と尿中のアミラーゼを検査依頼していたところ、尿中のアミラーゼが極めて高くなっていた。膵炎でなおかつ血中のアミラーゼがほぼ正常値であったところをみると、時間的には発症してから2週間程度は経過しているのではないかと疑った。フィリピン人スタッフから連絡をしてもらったが、昨日は現れなかった。同じくフィリピン人女性35歳、胸の膿瘍で2週間ほどほぼ毎日通院していたが、その通院もとうとう終わりになる日が訪れた。膿瘍が流れ出ていた創はとうとう完全に塞がり、周囲の皮膚のかゆみを訴えていた。創をきれいにするためにもお風呂に入ってよいと話した。アメリカ人男性27歳、一週間前にインフルエンザに罹患してしまったが、まだ咳と痰が止まらないと来院。本当にインフルエンザだったのかどうか、検査を行ったかどうか尋ねると「やりました」との返事。A型だった?それともB型?と訊ねると、「わからない」とのことだった。人生で初めてのインフルエンザで、体は痛く、死ぬかと思ったが、タミフルを内服したら発熱はすぐに収まったそうだ。少し時間を置いてインフルエンザの予防接種を受けた方がいいと話した。あと1週間で今年の診療も終わり。信じられないぐらい毎日が早くすぎていく。
  • 2017/12/22 9:00
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (301)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://amda-imic.com/modules/blog/tb.php/1640