AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2017 12月 » »
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

平成29年12月4日月曜

平成29年12月4日月曜

11月25日の土曜日、小児科が休診のせいもあり、外国人患者は12人で土曜日にしては少なかったが・・・12月2日、おとといの土曜日は23人、土曜としてはほぼ平均的な外国人患者数だった。25日に見学に来てくれた川崎医科大学のM君にはなんだか申し訳ないような気がしてならない。ベトナム人のスタッフが月に一回、来院してくれる日だったので、やはりベトナム人が多かった。国籍別ではベトナム人8人、フィリピン人6人、ペルー人5人、タイ人2人、中国人、スリランカ人各1人だった。日本人を含めた全来院患者数は83人だったので、外国人は27.8%を占めたことになる。それでも滞ることなく、診療が進んでいくのは医師だけでなく、看護師、受付事務職員みんなが外国人対応に慣れているからだと思う。そういう点では一番近い調剤薬局のスタッフもそうかもしれない。たくさんの外国人の方が来てくれるのも、そういう慣れた対応のためではないかと思う。先日、片頭痛でやってきた27歳のペルー人男性、また頭痛でやってきた、朝、目が醒めたらすでにズキンズキンと痛くなっていて、それからトリプタン製剤を内服したが、痛みがとれないから来たと話してくれた。トリプタン製剤は痛みが「十分に」来てしまってから内服したのでは効果がないはずなので、これはいたしかたないと思い、再度イミグランを注射して寝てもらった。もしかしたら群発性頭痛かもしれない。こんなに何度も頭痛がおきるのでは脳内のなんらかの疾患は否定しておくべきと考え、近くの脳外科に診察をお願いした。
  • 2017/12/4 14:23
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (33)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://amda-imic.com/modules/blog/tb.php/1627