AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2018 10月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

平成29年11月13日月曜

平成29年11月13日月曜

ナイジェリア人男性45歳、発熱も風邪ひき症状も何もないのだが、体の中が震えるようだと来院。こういう場合がむずかしい。何を考え、どのように検査を進めるべきなのか、アイデアが出てこない。最近、海外に出かけてはいないそうなので、海外からの輸入感染症を考える必要はなさそうだ。血圧がやや高いが、これは医療機関で計測したためかもしれない。とりあえず通常項目の血液検査を行った。セネガル人男性26歳、HIV即日検査を受けに来院。結果は陰性だった。フィリピン人女性39歳、インフルエンザの予防接種を受けに来院。昨年、インフルエンザに罹患して怖さがわかっているので、今年のようにワクチンが足りない状況でもキチンと予約をしてくれた。同じくフィリピン人女性31歳、彼女も昨年お子さんがインフルエンザに罹患して難儀したので、予約して接種に来てくれた。フィリピン人男性52歳、会社での健診の結果でS-GPTが高値で肝炎検査を含めて精査を行ったのだが・・・A型肝炎抗体が陽性だった。東南アジアの人もペルー人もS-GPTがやや高値になっている場合、A型肝炎抗体が上昇していることが極めて多い。肝機能庇護剤を処方して様子をみることにした。
  • 2017/11/13 9:00
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (311)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://amda-imic.com/modules/blog/tb.php/1613