AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2018 10月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

平成29年11月6日月曜

平成29年11月6日月曜

今年はインフルエンザ ワクチンの不足で納入が小出しになっており、いろいろと面倒なことになっている。ワクチンが納入されると接種を受ける人が急いでやってくるために大混雑となってしまう。4日の土曜日もそんな日で、診療が終わる午後1時には納入されたばかりのワクチンの接種予約も再び「いっぱい」になってしまった。フィリピン人女性46歳、火曜日頃から右の下腹痛が始まったのに放置していて、金曜の祭日の夜にがまんできずに休日夜間急患診療所に駆け込んだらしい。解熱剤だけ処方されてやってきた。痛みは強く、白血球数は正常範囲内だったが、CRPは11を超えていて急性虫垂炎を疑い、抗生剤の点滴を行った。今日の月曜日も抗生剤の点滴が必要と話したが、きちんと来てくれることを祈りたい。土日の間に悪化することも考えられなくはないので、念のために情報提供書を書いて渡しておいた。ペルー人男性45歳、会社の健診の結果を持ってやってきたが、なぜか会社の同僚・・というより、担当らしき日本人男性がついてきた。健診の結果を見ると高血圧に高脂血症、中等度の糖尿病だった。父親も糖尿病とのこと。よくよく健診の日付を見ると本年の6月某日であった。健診から5か月を経て、医療機関を受診しているようすがないので、ほぼ強制的に会社の担当者が連れてきたのだと思う。食後6時間ということであったが、なかなか来れないというのでとりあえず採血を行い、降圧剤を一週間分処方し、次の土曜日に再診とすることにした。診療終了後に母校の看護医療学部の大学院で午後6時近くまで講義、終了後に近隣の医師会の創立30周年記念パーティに出席、疲れ果てて帰宅。
  • 2017/11/6 9:00
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (328)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://amda-imic.com/modules/blog/tb.php/1608