AMDA国際医療情報センター
ブログ カレンダー
« « 2017 9月 » »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

小林米幸: AMDA国際医療情報センター理事長

続きを読む
supporter
login

平成29年9月9日土曜

平成29年9月9日土曜

ベトナム人女性66歳、高血圧にて来院。日本語はなんとか通じる程度。むずかしい言葉を避けながら、話をした。フィリピン人女性41歳、1週間前が初診。当時は血圧が170/110程度であったが、降圧剤を処方して1週間、130/72まで下がっていた。こちらが話した通りに、食事をしないで来てくれたので、関連項目の採血を行った。鉄は熱いうちに打て・・・ではないけど、現在の血圧低下は薬がもたらしてくれたこと、もし薬を内服することをやめたら再び血圧が跳ね上がるであろうから、自分の判断で中止しないで通院してきてほしいこと、もし通院しにくいなら通院しやすい医療機関を紹介することなどを話した。ほかに行くところもないし、タガログ語が通じる医療機関もないので、通院すると話してくれた。食事については塩分の多い食事は控えてほしいと話したのだが、やはりそういう食事が好きなのだそうだ。母親の家系が高血圧だそうで、ある日、倒れて亡くなったらしい。きちんと通院してくれることを期待したい。夕方になり、日系ペルー人の女性48歳、高血圧のフォローアップで来院。大きな袋を持っていたので、診察のあと、その袋の中身について尋ねたら・・・・チョコとかココアとか・・・ペルーのチョコレートは甘すぎるし、硬いし、味が一種類しかないと話す。日本のチョコは甘すぎず、いろいろな味があっておいしくて、「みんな好きだよ」とのこと、中性脂肪が高いのもうなづける。故国へ一時帰国するときには「みんなおみやげで持って帰る」らしい。そういえば、ずいぶん前に、日系ペルー人の高齢の男性で高血圧で拝見していた人にチョコレートをプレゼントされたことを思い出した。
  • 2017/9/9 9:00
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (112)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://amda-imic.com/modules/blog/tb.php/1572